`チュニジアはオリーブオイルのトップ輸出国としての瞬間を持っています- Olive Oil Times

チュニジアはト​​ップオリーブオイル輸出国としての瞬間を持っています

10月13、2015
イザベル・プーチンヤ

Recent News

チュニジアの鉱業エネルギー省が発表した統計によれば、チュニジアは2014年から2015年にかけて他の国よりも多くのオリーブオイルを輸出し、スペインを追い越しました。

オリーブオイルの輸出は299,300トンに達し、前年の10倍、世界のオリーブオイル消費量の1.9%以上を占め、記録的な976億チュニジアディナール(-億-万ドル)を獲得しました。

スペインとイタリアは、昨シーズン、悪天候とのfest延により最悪の収穫を経験しましたが Xylella fastidiosa、チュニジアでの2014/15年の収穫は記録破りでした

チュニジアのスペインへのオリーブオイルの輸出は12倍に増加し、イタリアへの336パーセント増加しました。EUの2か国は伝統的にチュニジアの最大の顧客です。

このような輸出額の増加は、チュニジア人自身が 種油にもっと回る 近年では。

広告

今後の2015/2016年のチュニジアのオリーブオイルの収穫のために、生産は約140,000トンに戻ると予想されます。

オリーブオイルの輸出は、国の農業輸出の40パーセントを占め、総輸出の10パーセントを占めています。

Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案