`トルコのBiliciGroup、オリーブオイルを生産するイタリアのパートナー- Olive Oil Times

トルコのビリチグループ、オリーブオイルを生産するイタリアのパートナー

1月24、2011
トム·ベイカー

Recent News

トム・ベイカー
Olive Oil Times 貢献者 | ブエノスアイレスからの報告

トルコ南部の都市アダナに本拠を置く繊維会社であるBiliciGroupは、オリーブオイル部門に事業を拡大する計画を発表しました。

グループは今週、イタリアの企業と協力して、南セイハン地区にオリーブオイル施設を設立する意向を発表しました。 会社の身元はまだ明らかにされていませんが、グループの財務運営責任者であるTamer Bilici氏はトルコのアナトリア通信に語りました。 ​,war私たちはイタリアに行き、イタリアの役人との話し合いを完了しました。」と付け加えました。 ​,war高度な技術を使用して施設を稼働させる予定です。」

2006年、同社はトルコ最大のオリーブ畑の80,000つをセイハンに植え、1,000本のオリーブの木を植え、約100,000キロメートルの地面を覆いました。 ビリチは、近年、果樹園での継続的な作業により、この数字が250,000に達し、数を-に増やすことを目指していることを指摘しました。

同社は当初、-か国からオリーブの苗木を持ち込み、果樹園を始めました。 ​,war-種類のオリーブを試しました」とビリシは言いました、 ​,warイタリアのピクアルタイプは短期間で成熟し、特別な技術を使用して早期の収穫量を得ました。」 彼はまた、木立のサイズをさらに大きくする理由は、すべての製品を自分たちの作物から作るという決定によるものであると述べました。 ​,war木からオリーブを集め、触れずに梱包します。 その後、販売します olive oil pro近代的な設備で世界市場に投入されました。」

広告

トルコの大手繊維生産者がオリーブオイル業界に参入したのはこれが初めてではありません。 2009年、イズミルを拠点とする企業Kuloğluは、-万ユーロを投資して olive oil proアジアからの繊維産業内の競争が彼らにこの新しいベンチャーを検討するように導いたと述べた、ダクション部門。

トルコのオリーブオイルの消費量は、2006/07年以降着実に増加しており、季節ごとの季節ごとの輸出量は急激に変動しています。 トルコの輸出促進センターによると、2010年のオリーブの生産量は300,000年の150,000トンから1999万トンに増加しました。2009/ 2010年、トルコは約8,000トンのオリーブオイルを米国に輸出し、売上は約24万ドル、イタリアには約5,351万ドルの価値があります。 14年2009月、トルコ政府は国際オリーブ評議会に再参加することを選択しました。
.

ソース:

Hurriyet Daily Newsに
IOC

広告

関連記事

フィードバック/提案