`欧州でのオリーブオイル消費の落ち込み、収穫の不振、高値- Olive Oil Times

収穫の災い、より高い価格に非難されたヨーロッパでのオリーブオイル消費の低下

3月9、2016
エリン・リドリー

Recent News

による 最新のレポート 国際オリーブ評議会(IOC)によると、オリーブオイルの世界的な消費量は1.8/1990年から1991倍に増加し、暫定的な数値は昨年の間に4.6%の増加を示しています。

この消費の増加は、主に非IOC加盟国によるものです。 オリーブオイルの消費 同じ11年の間に24パーセントから25パーセントに跳ね上がりました。

そのグループ内で最大の増加を記録しているのは米国で、消費量は88,000/1990年の1991メートルトンから300,000/2015年には2016万トンを超えました。 しかし、米国の9人当たりの消費量は2014年も- kgと比較的低く、カナダやノルウェーなどの国と同等の量であるとIOCは報告しています。

同じ期間に、生産国であるスペイン、イタリア、ギリシャに支配されているEU全体の消費は、2004/2005年にわずかに上昇し、着実に減少しました。

ギリシャは、12.8年の2014人当たり年間消費量で引き続き11.4 kg(10.5 kgのスペイン、50 kgのイタリア)で首位を占めていますが、2004/2005年よりも消費量が約-%少なくなっています。

広告

EUの傾向の一部は他の要因(ギリシャの場合は経済危機)によるものですが、生産国の消費の最近の減少の原因として考えられるのは、最近の収穫量の減少とその結果です。 高い値段.

たとえば、2005/2006年と2014/2015年のデータは、EUの生産が減少し、価格が急上昇したことを示しています。 これらの-つの収穫期の後半は、スペインの干ばつ年と相関関係があります。 クシレラ・ファスティディオーザ イタリアでは、どちらも明らかに全体的な生産量に打撃を与えています。

EU内の非生産国も全体的にわずかに多く消費していますが、これらの国の大部分は1人あたり年間- kg以上を消費していません。

一方、トルコ、モロッコ、アルジェリアなどの他のIOCメンバーの成長は顕著であり(アルジェリアでは4倍以上)、各国の-人あたりの消費量は年間- kg未満です。


Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案