`輸入業者は-月より前に出荷された商品の関税免除を要求します- Olive Oil Times

輸入業者は10月以前に出荷された商品の関税免除を要求

10月16、2019
ダニエル・ドーソン

Recent News

世界 北米オリーブ油協会 (NAOOA)および80の他のアメリカの貿易組織は、米国通商代表部(USTR)に書面での免除を求めています。 差し迫った関税 10月の開始前にヨーロッパから出荷された製品について。

NAOOAは、25%の関税が最近一部に課されたと主張している スペインのオリーブオイルは、10月の18に発効し、 オリーブオイルの価格 9月中旬にはスペインの港を去り、アメリカの輸入業者と消費者を傷つけました。

これらの新しい義務は、EUの生産者または現在の義務付けられている商品の製造業者によって負担されるのではなく、すでに製品を購入したアメリカの輸入業者、および非常に迅速にアメリカの消費者によって負担されます。」 、USTRの長。

これらの関税が輸入業者と消費者に与える潜在的な影響を緩和するために、NAOOAとその他の署名者は、2月-日より前にヨーロッパの港を出た商品を関税から免除することを推奨しています。

広告

関税のコストが完全にアメリカの企業と消費者に下がるのを防ぐために、2月-日以前にヨーロッパから輸出されたすべての商品に関税を免除するようお願いします」と署名者は書いています。

彼らは、-月に最近関税が課された中国の商品に提供された同様の免除を引用しました。これは、アメリカの企業と消費者を保護するという明確な目的で行われました。

これは適切な技術的配慮でした」と署名者は書いています。 ​,warこの場合、再度使用をお願いします。」


Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案