`最新のレポートでイタリアンオリーブオイルの売上高が増加- Olive Oil Times

最新のレポートでイタリアのオリーブオイルの売り上げ

2月9、2011
ルーシー・ヴィヴァンテ

Recent News

ASSITOLによると、イタリアのオリーブオイル包装業者の​​利益は2010年の最後の31か月で大幅に増加しました。 国内では、売上高が22.4%増加し、輸出売上高が2009%増加しました。 2010年から21.6年の期間全体に関連して、ASSITOLは-%の増加を報告しています。 この数字は、国内外の利益を反映しており、今年のスタートが遅かった後の歓迎すべきニュースです。 アッシトール イタリアの石油産業協会です。 そのメンバーは、主にオリーブだけでなく、種子油と搾りかす油のパッケージャーです。 メンバーは、卸売業者からコラヴィータやモニーニなどの有名ブランドまで多岐にわたり、イタリアのオリーブオイルの90%を販売しています。
エキストラバージンオリーブオイル、アシトールの用語 ​,war従来の「エクストラバージンオリーブオイル」は、メンバーがパッケージ化した最大のカテゴリーです。 彼らはイタリア語だけでなく、EUと非EUのオリーブオイルをパッケージ化します。 また、地理的に示されたDOPおよびIGPオイル、1%Made in Italy、およびオーガニックのはるかに小さなカテゴリもパッケージ化されています。 これらのニッチな(そしてより高価な)製品は、エクストラバージンカテゴリー全体の約6パーセントになります。 彼らの売上高は、概して、プラスでもありました。 DOPオイルとIGPオイルは、50年とは対照的に2009月と1月に国内市場で4%以上増加しました。例外は、国内で6.5%減少したが、-%増加した-%のイタリア産エクストラバージンオリーブオイルでした。輸出市場で。

搾りかす油(溶剤を含む工業プロセスで抽出され、種子油の製造に使用されるものと同様の油)も12.8%増加しました。 主に、少なくともイタリア国内のパン屋は、このオイルを使用しています。 搾りかす油は、電気の生成に使用するためにも研究されており、 olive oil pro2010年-月のデューサー。

間の競争 olive oil pro生産国は厳しく、スペインはイタリアの最も攻撃的な競争相手と見なされています。 スペインに続いて、イタリアは最も多くのオリーブオイルを生産しています。 イタリアの国内数は31%増加しましたが、スペインの国内数は5年4月から2010月の期間に-%減少しました(過去-年間と比較してASSITOL)。 ASSITOLは、敏捷性とスマートなコスト削減策によるイタリアの利益を認めています。

ASSITOLも最近のニュースに載っていました 27月-th ステートメント アルキルエステルの試験に関する新しいEU規制について。 アルキルエステルのレベルの上昇は、一般的に olive oil pro質の悪いオリーブから作られ、エクストラバージンの指定に値しないものです。 EUは、ASSITOLが強く支持しているアルキルエステルの制限を設定する法律を可決しました。

以下によって公開された図 Coldiretti (大規模な農業利益団体とロビー)は、イタリアのエクストラバージンオリーブオイルセクターのスナップショットを提供します。

オリーブの木の数:250,000,000
2010 – 2011生産:550,000トン
市場ランク:2番目、スペインに次ぐ
一人当たりの消費量:13 — 14 kg /年
DOP / IGPオイルの数:40
ユーロでの年間売上高:2億
営業日:50,000,000

Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案