`欧州オリーブオイルのイタリアへの輸入高騰- Olive Oil Times

欧州オリーブ油のイタリアへの輸入高騰

2月9、2012
ジュリー・バトラー

Recent News

イタリアへのスペイン、ギリシャ、および他のEU諸国からのオリーブオイルの輸入は、過去40年間で537,503%急騰し、2010/11年に-トンに達しました。

イタリアはEU域内のオリーブ油輸出の圧倒的な主な目的地であり続けており、全体の半分以上を占めています。 International Olive Councilの-月の市場ニュースレター(PDF).

今月はEU内のオリーブオイル貿易に焦点を当て、ニュースレターはフランスが12%、ポルトガルが9%、英国とドイツがそれぞれ7%、スペインが3%、ベルギーとオランダがそれぞ​​れ2%と-番目に大きな輸入国であると報じています。
関連項目:IOCニュースレター
非生産EU諸国のうち、ドイツと英国は63,542/61,999年にそれぞれ2010トンと11トンで輸入ランキングを上回り、12/4年にはそれぞれ2007%と08%増加しました。 ポーランドは同期間に輸入量を9,831倍に増やし、33トンに達しました。 デンマークでも5964%増の119トン、ルーマニアでは5810%増の60トン、フィンランドでは2597%増の-トンと顕著な増加が見られました。

EU内輸出

スペインは主要な輸出国であり、EU内全体の72%を占めています。 2010/11年には、EU内で627,043トン、大多数の65%がイタリアにシフトし、続いてポルトガルが13%、フランスが10%、英国が6%にシフトしました。

イタリアは2010/11年に16番目に大きな輸出国であり、全体の23パーセントを占めています。 EU内の輸出の13分の-をドイツに送り、次にフランスが-%、英国が-%を送っています。

広告

9番目に大きな輸出国であるギリシャは、EUの総輸出額の2010%を占めています。 11/79,575年には、84トンを輸出し、その-%がイタリアに輸出されました。

2010/11年のEU内の総輸入量は974,456トンでしたが、23/2007年と比較して08%増加しましたが、輸出は合計882,735トンでした。 ニュースレターで見られるように、 ​,war特に、EU域内の輸入と輸出のギャップは、41,021/2007年の08トンから172,165/2010年の11トンに急増しました。」 ただし、説明はありませんでした。

IOCは、EU内貿易データはEUROSTATデータベースからのものであり、2010/11年の数値は暫定値であり、変更される可能性が高いと述べました。

世界のオリーブオイル貿易

2011/12年の収穫年の最初の41か月である12月と11月の国際貿易統計によると、輸入は中国で6%、米国で7%、日本で1%、ブラジルで-%増加していますが、オーストラリアでは-%減少しています。カナダでは-パーセントです。

生産者価格

前年同期と比較すると、エクストラバージンオリーブオイルの価格は、スペインで13%(1.74ユーロ/ kg)、ギリシャで5%(1.84ユーロ/ kg)、イタリアで23%(2.35ユーロ/ kg)下落しています。

Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案