`オリーブカウンシルメンバーが第23セッションで会合- Olive Oil Times

オリーブ評議会メンバーが23rdセッションで会う

2月13、2015
イザベル・プーチンヤ

Recent News

国際オリーブ評議会(IOC)は、rd 4月5日と-日のメンバー評議会の臨時会合。

会議の結果には、オリーブ油と搾りかす油のIOC基準とコーデックス基準に関連するいくつかの決定の採択が含まれました。 テスト方法の改訂.

評議会も -つのレポートを採用 マレーシアの油脂に関するコーデックス委員会の次回の会議のため。

他の開発では、理事会は、IOCのネットワーク内の22オリーブ生殖質バンクを統合し、遺伝資源の保全と持続可能な使用のための国際的な参考資料を提供することを目的とする今後のClimoliveプロジェクトへのIOCの参加に同意しました。 このプロジェクトは、資金提供のために欧州委員会に提出されました。

また、今後の準備 日本でのプロモーションキャンペーン 先月東京での検討会に続いて。 技術支援活動、国内プロモーション活動、および今後のセミナーとトレーニングコースの候補者のノミネートの助成金申請の期限。 5月の欧州連合によるIOCの将来に関する協議の再開。

会議には、アルバニア、アルジェリア、アルゼンチン、欧州連合、イラン、イスラエル、ヨルダン、リビア、モロッコ、シリア、チュニジア、ウルグアイの代表者が出席しました(ウルグアイもモンテネグロを代表します)。


広告

関連記事

フィードバック/提案