`アメリカと日本のトップオリーブオイル輸出国としてスペインがイタリアに取って代わる- Olive Oil Times

スペインがイタリアに代わって米国と日本へのオリーブオイル輸出のトップに

8月12、2014
Olive Oil Times スタッフ

Recent News

スペインの組織が月曜日に発表したレポートによると、スペインは歴史上初めて、米国と日本という-つの主要市場で世界トップのオリーブオイル輸出国としてイタリアを追い抜いた。 Interprofesional del Aceite de Oliva.

レポートによると、2014年の最初の159,023か月間に、米国は合計45.14 MTのオリーブオイルを輸入し、そのうち71,800%(12,953 MT)はスペイン産でした。 一方、日本はスペイン産オリーブオイル47.08トンを輸入しており、これは総輸入量の-パーセントに相当します。 現在、米国と日本はそれぞれ世界第-位と第-位のオリーブオイル輸入国です。

何年もの間、EU諸国はオリーブオイルの世界トップの生産者および輸出者としての称号を保持してきました。 しかし、今年は、ギリシャ、イタリア、チュニジア、モロッコでの記録的な収穫(1,774,200 MT)とお粗末な結果の複合要因により、スペインはこのような新しいマイルストーンを達成することができました。 Interprofesional del Aceite de Oliva それは何十年も追いかけていると言います。

実際、20年前、スペインは米国へのオリーブオイル輸出国のリストでわずか7,500番目であり、その量は約1995トンでした。 1,759年前半、スペインはわずか-MTを日本に輸出しました。

現在、私たちはグローバルリーダーであるだけでなく、顕著な不利益を被った市場でそのリーダーシップを発揮することもできます」と、Interprofesional del Aceite deOlivaのスポークスマンであるRafaelPicoは述べています。

スペインはまた、オリーブオイルの品質を促進するために大きな進歩を遂げました。 イタリアを追い越す 今年は、2014ニューヨーク国際オリーブオイルコンペティションで最も多くの賞を受賞した国です。

広告

私たちは米国と日本でイタリアを破ったが、それに夢中にならないようにしましょう。」 ​,warスペインは長い間東南アジア市場をリードしてきました。 中国やインドのような国では、ハイエンド製品を消費することを熱望する中産階級が増えています。」

ピコ氏は、スペインは現在、スペインの80%に対して、イタリアが年間輸入総額50,000 MTの10%を支配している市場であるドイツに目を向けていると説明しました。


Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案