`スペイン語はより多くのバターを食べ、より少ないオリーブオイルを食べる- Olive Oil Times

スペイン人はより多くのバターを食べ、オリーブオイルを減らします

12月19、2011
ジュリー・バトラー

Recent News

スペインでは、バターの消費量が好奇心をそそられ、オリーブオイルの使用量がわずかに減少しています。これは、金融危機によるベルト引き締めの傾向によるものです。

9月のバターの売り上げは8月に19.3パーセント増加しましたが、調理油のバターは落ちました。

ESADEビジネススクール マーケティング教授のジェラルド・コスタは、スペイン人はカフェではなく自宅で朝食をより頻繁に食べ、トーストをするためにもっとバターを買うためだと言います。

スペインの家族は、レジャーやレストランへの出費を減らすことでお金を節約しています。これが、バターの消費が始まった理由の-つです。 彼らは家で朝食を食べているので、より多くのシリアルとバターを買っている」と彼はラジオ局に語った 恩田CERO.

西ヨーロッパのバターの平均価格が、世界的な下降傾向に続いて、前年比で6%下落したことも関連している可能性があります。

広告

しかし、バターの総販売量は依然として少なく、1.1月のスペインの家庭での消費量はわずか3.1万キロでしたが、マーガリンは37万キロ、オリーブオイルは20万キロでした。 これは、スペインの70万人の住民のそれぞれについて、月に約810gのバター、47gのマーガリン、および-gのオリーブオイルです。

それにもかかわらず、2009年までの51.3年間で、バターの消費量が-%増加したことは、依然として印象的な統計です。これは、チーズを除いてスペインで成長を示した唯一の乳製品です。

家庭やレストランでのオリーブオイルの使用量の減少

一方、新たに発表されたスペイン環境農村海洋省(MARM)の家庭用食品および飲料の調査によると、2.4か月間、オリーブオイルの消費量は前年比5%減少し、ひまわり油は1.8%減少しました。 -月末まで。 全体的な食料支出は-%減少しました。

今年、9.5人当たりのオリーブオイルの3.3人当たりの消費量は9.8リットルで、ひまわり油は3.5リットルで、2010年のそれぞれ1.94リットルと2.03リットルに比べて。他の食用油では2010ユーロから0.32ユーロに低下し、マーガリンでは0.25ユーロに留まり、バターでは0.25ユーロから0.13ユーロに上昇しました。

ホスピタリティセクターについては、2011の第1四半期の消費量は、オリーブオイルでは6.3パーセント減少しましたが、ひまわり油では5.7パーセントと比較して2010パーセント増加しました。

10月のオリーブオイルの1世帯あたりの総消費量は37.17ミリリットルで、10月の37.59の2010から減少しました。 ひまわり油の場合、消費量は13.00ミリリットルでしたが、13.05ミリリットルから減少しました。

オリーブオイルの輸出はスペインにとってますます重要になっています。スペインはすでに生産量の60%を海外に送っています。 長期にわたる価格危機に苦しんでいる生産者にとっての朗報は、国際オリーブ協会が3.2/2011年に世界の消費量が12%増加すると予想していることです。 これは、約3.08万トンの世界の予測生産量を吸収するのに十分であり、そのうちスペインは約45%を生産すると予想されています。



広告

関連記事

フィードバック/提案