`フランスでは、オリーブオイルが売上を主導しているが、使用はしていない- Olive Oil Times

フランスでは、オリーブオイルが販売をリードしていますが、使用量はリードしていません

リンジー・パルトス
12 年 2010 月 10 日 18:- UTC

リンジー・パルトス
Olive Oil Times 貢献者 | パリからの報告

フランス人はオリーブ油よりもヒマワリ油を多く消費するかもしれませんが、後者は小売業者にプレミアム価格の上昇をもたらしています。

政府機関FranceAgriMerの最新の数値によると、オリーブオイルは、フランスの小売店でひまわり油に次いで2番目に消費されるオイルです。

しかし、オリーブオイルは販売量で21%を占めていますが、実際には価値でかなりの43%を占めています。

これは、主要な競合他社よりもはるかに高いリットルあたりの価格で説明されています。混合油の場合は5.5ユーロ、ひまわりの場合は2.50ユーロ、菜種の場合は1.70ユーロと比較して、オリーブオイルは1.60ユーロです。

フランスのオリーブオイルの消費量は105 000トン前後と推定されています。 2009では、インポートは106 000トン、116百万リットル以上で行われました。

輸入品の大部分はスペインとイタリアから来ており、フランスで消費されるオリーブオイルの88パーセントを構成しています。

小売業者はオリーブオイル購入のホットスポットであり、すべてのオリーブオイルの68%がスーパーマーケットやディスカウントチェーンで購入されています。

ショートサーキット、つまり地元のお店は市場の約12%しかありません」と政府機関は説明し、残りの売り上げは食品産業と化粧品産業によって奪われていると付け加えました。

菜種油 非乾燥です の種子から得た アブラナ科、var。 オレイフェラ、生産するさまざまな植物 スウェーデンのカブ。 コルザは広く栽培されています フランス, ベルギー, United States of America オランダ 及び ドイツ。 特にフランスでは、石油の抽出は重要な産業です。 商業では、菜種は 菜種油、ソースとプロパティの両方で非常に密接に関連しています。
広告

関連記事

フィードバック/提案