`フランス貿易グループのブランド変更- Olive Oil Times

フランス貿易グループのブランド変更

8月21、2019
ダニエル・ドーソンとパブロ・エスパルザ

Recent News

フランスのオリーブ部門の専門家間協会は名前の変更を受けており、頭字語を捨てています アフィドール よりシンプルなフランスオリーブを支持します。

その20周年を記念して、今年はアフィドールの名前をフランスオリーブに変更することにしました。th 記念日」と語った。フランスオリーブの社長であり、 olive oil proValléedesBauxのducerは語った Olive Oil Times。 20年は理性の時代であり、私たちはそれを再起動する時だと考えました。」

私たちは古代のオリーブ栽培品種から油を生産することに明確な賭けをしました、そして私たちはそれらを十分に生産的にすることが主な挑戦であることに気づきました。-フランスオリーブ社長、ローランベローゲイ

ベローゲイは、 olive oil pro誘導 セクターは着実に改善しています France。 国際オリーブ評議会のデータによると、前の収穫年にフランスは5,900トンのオリーブオイルを生産しました。 今年、Bélorgeyは、生産量が約5,500トンになると予測しています。

フランスでのオリーブオイルの生産の状況は、今ではかなり良好です」と彼は言いました。 ​,warしかし、私たちはこれについて長い道のりを歩んできたことを知らなければなりません。」

関連項目:フランスのオリーブオイルニュース

1990年代から2000年代前半にかけて、フランスは年間平均3,300トンのオリーブオイルを生産し、年間生産量は1,000/1990収穫年の91トンから7,000/2008年の09トンに着実に増加し、記録を維持しています。高い。

しかし、過去12年間はかなりの収穫があり、今では満足のいくレベルの生産があります」とBélorgey氏は述べています。

2008/09年の収穫以来、フランスは年間平均4,900トンを生産しており、2014/15年の悲惨な収穫年がなければ、この数字はさらに高くなるでしょう。 さまざまな要因による、フランスはその年に1,700トンのオリーブオイルを生産しましたが、これは1993以来の最低の収量です。

ローラン・ベローゲイ

フランスの生産者にとっての現在の主な課題は、オリーブオイルを地域の競合他社と区別することです。 地中海の隣国と比較して、フランスはオリーブ栽培が可能な土地の量がはるかに少なく、主に南の海岸線に沿っているため、スペイン、イタリア、ポルトガル、ギリシャなどをアウトプロデュースすることは決してありません。 したがって、Bélorgeyは 伝統的な品種の生産 フランスの生産者にとって今後の道です。

の主な課題 olive oil proフランスのducerは、地元の品種を十分に生産的にするためです」と彼は言いました。 ​,war私たちは明確な賭けをしました 古代のオリーブ品種からオイルを生産する そして、主な課題はそれらを十分に生産的にすることであることに気づきました。」

フランスには、7つの保護された原産地指定(Appellations d'OrigineProtegée)と1つの管理された原産地指定(Appellation d'OrigineControlléé)があります。 これらの保護地域のサイズは、最小保護地域の1つであるValléedes Bauxの範囲内に含まれる16村から、プロヴァンスのAOCに属する434までさまざまです。

Bélorgeyとその他のセクターは、地元産の独特なオリーブオイルを低収量で生産するこの戦略により、フランスの生産者が規模や生産技術に関係なく生き残ることができると確信しています。

の大多数 olive oil proフランスのデューサーは、平均25エーカー未満の土地を持つ小規模な家族経営です。 100エーカーを超える大規模な事業はごくわずかです。

フランスには約20,000のオリーブ生産者がいるとよく言われます」とベローゲイは言いました。 ​,warしかし、その数字は、庭にオリーブの木が数本しかなく、オリーブを地元の協同組合に持っていく小さな生産者から、20または30ヘクタール(50または75エーカー)を栽培する専門家までさまざまです。」


Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案