日本、チュニジアとの共同研究を延長

日本とチュニジアのコラボレーションは、食品、化粧品、医薬品の開発に焦点を当てた2021まで続きます。

チュニジアのオリーブの木
6月9、2017
イザベル・プーチンヤ
チュニジアのオリーブの木

Recent News

日本は、日本とチュニジアの研究者チームによる研​​究の第一段階に続いて、2021年までチュニジアのオリーブオイルセクターへの投資を継続します。

この研究は、日本の-つの研究機関(筑波大学、京都大学、東京工業大学)がスファックスのバイオテクノロジーセンターのチュニジアの研究者と協力して実施する国際共同研究を促進する日本政府のプログラムを通じて実現されました。

SATREPSプログラムは、日本医療研究開発機構(JST)、日本医療研究開発機構、国際協力機構(JICA)の-つの日本政府機関による共同作業です。

研究の1つは、チュニジアのオリーブオイルのすべての品種、特に北部のオリーブ品種はポリフェノールが豊富で、イタリアとスペインのオリーブオイルの10倍以上であることが多いことを明らかにしました。 ポリフェノールは、自然の抗酸化物質が豊富な微量栄養素であり、多くの健康上の利点があり、病気や病気の予防に役立ちます。

広告

チュニジアのプロジェクトは2021年までタイトルの下で継続する予定です ​,war「新産業の創出のための半乾燥地における科学的証拠に基づく生物資源の価値化」、JICAから付与された合計7.83万チュニジアディナール(3.21万ドル)の予算。

最初にプロジェクトの最初の段階で終了した研究の結果を適用することにより 2009に打ち上げ次の段階では、食品、化粧品、医薬品の開発、生産から輸出までのチェーンの開発、チュニジアのオリーブオイルラベルの発売を含む高付加価値農産物の輸出促進に焦点を当てます。日本では。

チュニジアには長い伝統があります olive oil proしかし、その石油の大部分は大量に輸出されており、イタリア、スペイン、米国、フランスが最大の輸入国です。 政府は今後-年間で精製オリーブオイルの輸出を大幅に増やすことを目指していますが、生産と輸出の数字は 衰退している 2017の最初の部分。



広告

関連記事

フィードバック/提案