`裁判官はオリーブベースのサプリメントの特許を無効にします- Olive Oil Times

裁判官はオリーブベースのサプリメントの特許を無効にします

1月12、2014
バージニアブラウンキーダー

Recent News

カリフォルニアに本拠を置くCre-Agri、Inc。は、オリーブフェノール栄養補助食品の自称世界的リーダーであり、カリフォルニア北部地区地方裁判所で2011つの基本特許を侵害したとして競合他社のPinnaclife、Inc。を訴えました。 -年には、略式判決の申立てでこれらの特許が無効であると認定される可能性は、おそらくその考えから最も遠いものでした。

それぞれの特許は異なる理由で無効であることが判明しましたが、組み合わされた結果は、謙虚なオリーブの木に由来する健康上の利益の増大する団体の独占権を追求している世界中の企業にとって間違いなく後退になります。 決定の萎縮効果は、2013年-月、-世紀以上にわたる米国特許法の最初の大きな変更であるアメリカ発明法が施行され、その範囲が大幅に拡大したという事実によって強調されます。 ​,war'特許を無効にするために使用される可能性のある先行技術。

要約すると、最初の特許(No. 6,416,808、または ​,war'808 ')は、予想を理由に無効であると判明しました。 そのタイトルは、それが単に ​,war'組成物を取得する方法、特許の本文は実際に組成物自体を主張しました、すなわち ​,warヒドロキシチロソールとオレオヨーロッパインの重量比が約5:1から約200:1のオリーブの水性抽出物を含む栄養補助食品。

論争はどのように解釈するかについて生じた ​,war'水性抽出物。 CreAgriは、これは純水のみに言及していると主張しました。 ルーシー・H・コ地区裁判官は、かなりの証拠(一部はCreAgri自身の以前のやや矛盾した声明に含まれていた)に基づいて、以下も含むことを発見した。 ​,war'水性アルコール抽出物。 このより広い解釈の影響により、裁判所は、以前の特許( ​,war'水性アルコール抽出物」)は、本発明を説明しており、「CreAgriの主張を予期していた」ため、その新規性を破壊しました。 以前の科学出版物。 ​,war'オリーブの水性抽出物」もCreAgriの主張を予期していたことがわかり、特許は新規性の欠如により無効であると宣言されました。

8,216,599番目の特許(No. -または ​,war'599 ')は、発明者が実際に特許で主張されているものを発明したことを認識できるほど十分な発明の正確な書面による説明を提供できず、実用性に必要な基準を満たしていないという理由で無効とされた。 言い換えれば、Koh判事は、特許の仕様が ​,warクレームされたオリーブ由来の製剤の抗炎症効果をサポートするデータが仕様書に一切記載されていないため、クレームされた炎症状態を治療するためのヒドロキシチロソールに富む組成物の使用をサポートまたは有効化できませんでした。」

1980年代初頭以来、多くの場合品質を犠牲にして特許の数を増やす傾向が、世界中の政府と業界の両方の側で高まっています。 最近まで、これはイノベーションを奨励し、経済的成功を確実にするための鍵と見なされていました。 アメリカ発明法が示すように、この動きはおそらくピークに達しており、立法者と裁判官は同様に、 ​,war'特許の茂みの抑制は、研究と革新を奨励するものではありません。 オリーブの隠された分子秘密の発見に関わる人々は、特許法の世界に大金を投じる前に、現在の環境に注意する必要があります。



    1 CREAGRI、INC。v。PINNACLIFE INC。ケース番号 ケース番号11-CV-6635-LHK。 ノースカロライナ州サンノゼ地区の連邦地方裁判所。 12月18、2013

    2米国特許第6,416,808号(植生水からヒドロキシチロソールに富む組成物を取得する方法、2001年出願、2002年発行)および米国特許第8,216,599号(炎症の治療方法、2003年出願、2012年発行)。

    広告

    3パブ L. 112 – 29、125 Stat。 285は16年2011月-日に制定されました。

    4 AIAが発効する前に特許が出願されたため、この法律は本件には適用されませんでした。

    5 ​,war特許請求は、他の理由の中でもとりわけ、 ​,war発明は…米国での特許出願日の35年以上前に…この国または外国の印刷された出版物に記載されていました。」102USC§2006(b)(-)、または ​,war発明は…特許出願人による発明の前に米国で提出された別の人による特許出願で付与された特許に記載されていました。 §102(e)(2006)」(判決から)。

広告

関連記事

フィードバック/提案