`オリーブ評議会の化学者がデービス研究の主張に最新の挑戦を発表- Olive Oil Times

オリーブ評議会の化学者がデイビス研究の主張に対する最新の課題を発表

10月22、2010
Olive Oil Times スタッフ

Recent News

カリフォルニア大学デービス校のオリーブセンターが作成したレポートについて、国際オリーブ協会の化学専門家グループが発行した声明

UCデイビス研究所が発行した、米国に輸入されたエキストラバージンオリーブオイルのグレードが正しいかどうかを質問するレポートが、さまざまなニュースメディアで最近公開されました。 IOC化学専門家グループは、最新の会議でこの主題について議論しました。

グループは、ほぼすべてのIOC加盟国および非加盟国(オーストラリア、カナダ、米国)および国際機関(AOCS、CODEX、ISO)の専門化学者で構成されています。 このグループの主な目的は、試験方法を研究し、必要に応じて品質を決定し、オリーブオイルとオリーブポマスオイルの純度を制御するためにそれらを修正することです。 方法は、業界のニーズと技術開発に適応するために絶えず改善されています。

IOC基準は、試験方法をより正確にするための科学的進歩、または技術的および商業的発展に照らして改訂されています。 彼らの目的は、品質の向上と管理、およびオリーブオイル、オリーブポマスオイル、テーブルオリーブの国際市場での透明性を確保し、消費を促進することです。

UC Davisが発行したレポートを考慮すると、この専門家グループが明確にしたい点がいくつかあります。

広告

報告された結果は、52ブランドの19サンプルのみです。 カリフォルニアの-つの都市で取引されたサンプルは、米国のオリーブオイル市場全体を代表するものではないため、これは米国に輸入されたオリーブオイルの統計的に有意ではありません。 したがって、米国に輸入されたエキストラバージンオリーブオイルのグレードの真偽を疑う主張は現実的ではありません。

出荷時またはテスト時の保管条件の詳細はありません。 この情報がなければ、結果が信頼できると考えることは不可能です。 さらに、製品ラベルに記載されている推奨事項は、貯蔵寿命中に割り当てられたグレード分類に準拠するために、オイルを涼しく乾燥した場所に保管し、直射日光にさらしてはならないことを示しています。 基準への不適合がオイルの本来の特性によるものなのか、取引中の保管条件によるものなのかはわかりません。

IOC取引基準は、IOC Chemistry Expert Groupによる継続的な監督下にあり、オリーブオイルの品質と純度を評価するために必要なすべての方法が含まれています。 したがって、レポートで引用されている非公式の方法を適用する必要はありませんでした。

ほとんどのサンプルは、官能分析によって誤って分類されました。 IOCの公式メソッドが使用されましたが、メソッドに記載されている標準化された手順に従って適用されませんでした。 官能分析によって割り当てられたグレードがラベル分類に記載されているグレードと一致しない場合、手順では、別のIOC認定パネルによって-番目の分析を実行する必要があります。 これは、カリフォルニア大学デービス校の研究では行われませんでした。

UC Davisの研究では、非公式のメソッドの適用に特に重点を置いており、IOCメソッドはオリーブオイルの品質と純度を評価するには不十分であるという印象を与えています。 同じパラメータを評価するためのIOCメソッド(ポリフェノールとTAG)が利用可能である場合でも、この研究で使用されるメソッドの一部はIOCメソッドではないことを強調したいと思います。

また、IOCには、低品質のオイルまたは低品質のオイル(脂肪酸のアルキルエステル)から得られた柔らかい精製オイルの追加を検出する公式の方法があることを指摘することも重要です。 その代わり、この研究では、IOC Chemistry Expert Groupによって既に研究されている非公式の方法(DAGおよびピロフェオフィチン)を使用しました。これらの方法の範囲には、オリーブオイルの品質と純度の評価を含めることができないと結論付けられましたこれらの化合物は、オイルの保存期間中に動的に変化します。

これに関連して、UC Davisレポートは、安価な精製油が油に追加されたと主張しています。 ただし、このタイプのオイルの添加を検出するすべてのパラメーター(スチグマスタジエンおよびステロール組成)は限界内でした。 その結果、精製油が追加されたと結論付けることはできません。

IOC化学専門家グループとして、私たちは、オリーブオイルの品質や純度とは関係がないことが証明されていない方法の実施を提唱する研究の最終勧告に非常に関心を持っています。

グループは、オリーブオイルの品質と信頼性を確保するための新しい情報を準備しており、議論する用意があると述べて終了することを望んでいます。

マドリッド(スペイン)、8年2010月-日

アリエルパブロブエドラボ。 MolinosRíodelaPlata(アルゼンチン); HipólitoGarcíaToledoLab。 Agroalimentarioグラナダ(ESPAÑA); JoséRamónGarcíaHierroLab。 Arbitral Agroalimentario Madrid(ESPAÑA); Arturo Cert Ventula Instituto de la Grasa Sevilla(スペイン); Wenceslao Moreda Instituto de la Grasa Sevilla(スペイン); MªdelMarGarcíaGonzálezLab。 Central de Aduanas Madrid(ESPAÑA); ヘルメネギルドコボマルティネスラボ。 デルソイヴルセビリア(スペイン); ミシェルブランEXPERAGROサンクルー(フランス); Denis Ollivier SCL –ラボ。 デマルセイユ(フランス); Efstathia Kremmida-ChristopoulouLab。 消費者保護アテネの技術管理(ギリシャ); Effrosyni-Aikaterini Doumeni General Chemical State Laboratory Athens(ギリシャ); LanfrancoConteUniversitàdiUdine(ITALIA); Luciana Di Giacinto CRA – Centro di Ricerca per l'Olivicoltura e l'Industria Olearia ペスカーラ(イタリア); Fabrizio Apruzzese Direzione Centrale per l'Analisi Merceologica e per lo Sviluppo dei Laboratori Chimici Roma(ITALIA); MaurizioServiliUniversitàdegliStudidiPerugia(ITALIA); アンジェロファベリラボラトリオセントラルディローマ(イタリア); Maria CelesteGomesAutoridadedeSegurançaAlimentareEconómicaLisboa(ポルトガル); Ana Helena Alegre Instituto Superior de Agronomia Lisboa(ポルトガル); イゾラのプリモルスカのボジャンブティナール大学(スロベニア); Mounir Fahmy Khalil農業研究センターギザ(EGYPT); Rabiei Zohrehシャヒード・ベヘシュティ・エビン・テヘラン大学(IRAN); ゾハールケレムヘブライ大学レホヴォト(イスラエル); Rafat Abdul-Munem Nimer Ahmad王立科学協会アンマン(ヨルダン)の工業化学センター。 ナディアマータラボOfficiel d'Analyses et de Recherches Chimiques; カサブランカ(MAROC); ザクワンビドオリーブオイルラボラトリーズGCSARイドリブ(シリア); カメルベンアンマーラボde l'Office National de l'Huileチュニス(チュニジア); Ümmühanチベットオリーブとトルコのオリーブオイル評議会– UZZK(トルコ)



Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案