「イタリア製」計画をめぐるイタリアの食品生産者の意見の相違

本物のイタリア製品と偽物を区別し、イタリア製品を装った商品から失われた売上の数十億ユーロを奪うことを目的としたイニシアチブは、食品生産者の間で激しい分裂を引き起こしました。

6月13、2017
ジュリー・アル・ゾウビ

Recent News

イタリア政府の ​,warMade in Italy」キャンペーンは、廃棄される恐れがあります。 成功の秘訣とはほど遠い、本物のイタリア製品を偽物と区別し、イタリア製品を装った商品から数十億ユーロの売り上げを取り戻すことを目的としたイニシアチブは、食品生産者の間で激しい分裂を引き起こしました。

外国の食材を使用した製品への扉を開いた場合、イタリア製の本物の話ではありません。 これは私たちが探している種類の助けではありません。-リカルド・デザート、パルミジャーノ・レッジャーノ・チーズ

激しい議論が何について生じた ​,warイタリア製」とは、 強硬派は、外国の原材料は許可されるべきではないと主張しましたが、他の生産者はそれは厳しすぎると主張しました。 業界省の匿名の情報筋によると、基準の合意に失敗したため、イニシアチブが危険にさらされています。

これらの情報源の-つはロイターに語った、 ​,war現時点では、Made in Italyのサインを続行するかどうかについて最終的な決定はありません。現在調査中であり、技術的なチェックを行っています。」 ​,warプロデューサーの要求を完全に満たす場合にのみ、それを開始します。」

世界 ​,warイタリア製」キャンペーンは 2016年に導入 本物のイタリア料理を認定するため。 オリーブとオークの枝で縁取られた星型のロゴは、対象となる商品に表示され、買い物客がイタリア風の製品から本物のイタリア製品を簡単に識別できるようにします。

このイニシアチブは、製品のマスカレードによって失われた年間推定65億ドルの売り上げを取り戻し、イタリアの小規模企業を支援することを目的としていました。 国際的なマーケティング会社であるブランドファイナンスによると、それは中小規模の食品会社の企業価値に最大-パーセント追加されたでしょう。

広告

ブランドファイナンスのイタリアのマネージングディレクター、マッシモピッツォはロイターに語った、 ​,warイタリアは食品部門で高い評価を得ており、その多くが国外ではあまり知られていないことを考えると、国内企業は確かにそのようなロゴから利益を得るでしょう。」

パルミジャーノレッジャーノイタリア産チーズの生産者のコンソーシアムは、厳格な規則を主張する強硬派の-人でした。 コンソーシアムの会長であるリカルドデセルティはロイターにこう語った、 ​,war外国の材料を使用した製品への扉を開いた場合、イタリア製の本物の話ではありません。 これは私たちが探している種類の助けではありません。」

プロセッコのワイン生産者のコンソーシアムも同様の立場をとり、外国の素材で作られた製品がイタリアのブランドであるという考えを拒否しました。

パスタメーカーのBarillaを含む他の企業は、伝統的なイタリアの生産が生産者にロゴを使用する権利を与えるべきだと考えました。 Barillaの16生産ユニットの30は海外にあります。 同社は米国とロシアに工場を持っています。

Barillaの副会長であるPaoloBarillaは、-月の食品会議で次のように述べています。 ​,war私たちはイタリア人であり、私たちはイタリアで税金を払い、イタリアの品質のルールに従って外国の工場を運営しています。」

高級イタリアンフードチェーンの創設者であるオスカーファリネッティは、ロイターにこう語っています。 ​,warMadeinItalyサインのアイデアに完全に同意します。」 ファリネッティはフェンスのどちら側に立っていたのか描かれませんでしたが、最近モスクワにオープンしたイータリーアウトレットでは、ヨーロッパの食品輸入が禁止されているため、モッツァレラチーズやブッラータなどのチーズの一部は地元の食材から作られなければなりませんでした。

イタリアのさまざまなコンソーシアムは、すでに製品に厳しいマーケティング規制を設けています。 プロセッコワインはイタリア北部の特定の地域から来て、グレラブドウだけから作られなければなりません。 パルミジャーノレッジャーノ(パルメザンチーズ)は、正確なレシピからのみ製造でき、パルマの町周辺の設定されたエリア内で製造できます。

他の国にも会社がありますが、イタリアにルーツを持ち、イタリア語として製品を宣伝する権利があると感じています。 そのような会社の1920つは、ニュージーランドの乳製品会社であるFonterraで、その完璧なイタリアーノ製品にはパルメザンチーズとモッツァレラチーズが含まれています。 -年代にオーストラリアに移住したイタリア人のナターレ・イタリアーノが立ち上げたため、同社はイタリアの名前を使用し、イタリアの旗を掲げています。

Fonterraの広報担当者はロイターに語った、 ​,warブランドはその伝統を誇りに思っていますが、パッケージはイタリアの旗を掲げることから進化しています。」

作業のさらなるレンチは、原産国のラベル付けに関連するEU基準でした。 たとえば、EUの規則では、輸入肉からイタリアで生産されたソーセージはラベルの対象となりますが、イタリアの生産者の外国の植物で製造されたハムは対象外です。



Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案