`メンドーサのオリーブオイル漬け- Olive Oil Times

メンドーサのオリーブオイル浸漬

3月1、2011
アマンダホール

Recent News

メンドーサのオリーブオイルを探索するのは簡単なことではありませんが、ベロリオのメニューをチェックすることは良いスタートです。 のんびりとした、しばしば実に遅いサービスで知られる世界の地域では、ベロリオの陽気でスピーディーなサーバーは、私たちが不満を言っているのではなく、場違いに見えます。 カジュアルなカフェに腰を下ろし、数秒で迎えられました。

再利用されたアンティークとすっきりとした木製のテーブルと椅子がディナーを誘い、真っ白な壁と現代的なアクセントが隣接する現代性を反映しています ホテルインテルナシオナル。 オリーブと olive oil process、骨董品のオリーブピットストレーナーは、発見された芸術と地元のオリーブオイルの選択として再利用され、 olive oil pro販売用のダクトがポイントを伝えます。ベロリオでは、オリーブオイルが主な焦点です。

オリーブオイルの試飲、メンドーサ産のオリーブオイル30個分-ペソ、新鮮なオリーブオイルマヨネーズ、黒と緑のタペネード、油で硬化させたドライオリーブ、緑と熟した塩漬けオリーブのミックス、カリカリのブレッドスティック、オリーブで焼いたカラメルオニオンパンから始めましたオイル、そして柔らかい白いパン–もちろんすべて地元産です。

私たちのサーバーは、テイスティングノート付きのオリーブオイルとオリーブの原産地の説明を案内してくれました。 ピリッと信じられないほどのマヨネーズ、フルーティーでフレッシュなオリーブ、天国のパン、そして30ペソ($ 8)のパッケージ全体にハウスワインが含まれていました。 私たちは、失望させなかったファミリア・ズッカルディ線香花火を選びました。

私たちのオリーブオイル:

エリア・アルベキーナ –メンドーサ北部産のマンサニラオイル。このオイルは、バターのような風味を持つエリアの最も軽いスタイルの1つです。
メラナリオ –青リンゴと生アーモンドの強い風味を持つネバディロオイル。
マルラ・ラビダ –フラントイオとアラウコの完全な風味のブレンドは、アルゼンチンのステーキに最適です。

別の訪問では、さらにいくつかのメニュー項目を試し、同じスピーディーなサービスを受けました。



ネギ、フォンティーナ、バルサミコ風ローストアーモンドタルティーヌに蜂蜜を添え、香ばしく溶けたネギとクリームがプレートに溢れています。 サーバーは、ネバディロのタルティーヌとそれに付随するメスクランサラダを突破しました オリーブオイル 彼女が皿を届けたとき。 前述の蜂蜜で非常に軽く甘くされている場合とされていない場合があるタルトシェル(続きを読む)は、フォークの下で完全に壊れ、外側はカリカリ、内側は絹のようでした。 フォンティーナを添えたやさしくキャラメル化されたネギは、特にジェロニモシャルドネ、メンドーサ、わずか40ペソ($ 10)でトロピカルノートをたっぷり使った軽くオークのブティックボトルで私たちの世界を揺るがしました。 足りないのはバルサミコ酢のローストアーモンド(そしておそらく蜂蜜)だけでした。アーモンドはどこにありましたか? それほどがっかりすることなく、タルトはそれらなしで美味しかったです。

小皿メニューからスナックを注文しました。 fiambre y queso (地元の肉とチーズの硬化)保存野菜、温かいナスのタパとオリーブオイルで硬化したチェリートマト、山羊のチーズとルッコラのピッツェット。

肉とチーズは新鮮にカットされ、質が高く、いくつかのセレクションが広がりました。

チェリートマトのナスは、からの同じピーマンと薄く、歯ごたえのあるナスのスライスであることが判明しました fiambre y queso ボード。 茄子と同じ皿に盛り付けられたピゼットは、溶けた山羊のチーズ、香りのよい成熟したルッコラの葉、そしてより涼しい細切りチーズが入ったフラットブレッドでした。 安っぽすぎる、特に私たちがすでに消費していたスプレッドの後。 これらの料理も、配達時に地元のオリーブオイルの小滴をトッピングしました。

ヴェロリオは、美味しい料理と地元の素晴らしいワインとともに、メンドーサのオリーブオイルのサンプリングを始めるのに最適な場所です。

ベロリオ
サルミエント720
シウダードデメンドーサ
電話:0261 - 4255600
[email protected]

広告

関連記事

フィードバック/提案