トルコの生産者がキリス原産オリーブの独特の品質を強調

マスマナの受賞歴のある生産者は、さまざまな気候的および社会経済的課題を克服し、オーガニックのキリス オリーブオイルを世界に提供しています。

アリ・ハイタ(中央)と妻のアイシェグル(右)、そして娘(写真:マスマナ)
ダニエル・ドーソン
25 年 2024 月 12 日 38:- UTC
394
アリ・ハイタ(中央)と妻のアイシェグル(右)、そして娘(写真:マスマナ)

トルコ南東部のキリス県はオリーブ栽培の長い歴史を持っていますが、オリーブオイルの生産ではあまり知られていません。

考古学者は 4,000歳 この州にある古代の塚、オイラム・ホユックで発見されたオリーブの種子と、オリーブオイルの生産に使われたと思われる玄武岩の石臼。

来シーズンは豊作を期待しています。しかし、トルコ国外の大口バイヤーがオリーブオイルを大量に購入できるかどうかわからないため、契約を結ぶことができないという問題があります。- アリ・ハイタ、マスマナ共同創設者

毎年、相当量のオリーブオイルを生産しているにもかかわらず、その大部分はトルコとイタリアの民間ラベル業者に大量に販売されています。

後ろの家族 マスマナ 独自のブランドを立ち上げ、輸出することでこの状況を変えようとしています エキストラバージンオリーブオイル 固有種のキリス種から作られています。

関連項目:プロデューサーのプロフィール

「私たちは4世代続く家族経営の会社です」と共同創業者のアリ・ヘイタ氏は語った。 ​,war「私の父と祖父は、大企業にオリーブオイルを大量に販売していました。」

オリーブ畑で育ったにもかかわらず、ヘイタさんがオリーブオイルの生産に関わるようになったのはここ5年ほどのことである。

「当時はトルコ東部からの直接輸出はなかった」とハイタ氏は語った。 ​,war約6年前、妻のアイシェウルと私は、自分たちのブランドでオリーブオイルを販売すべきだと考えました。」

「最初は誰も私たちの地域やブランドを知らなかったので、オリーブオイルを売るのは本当に困難でした」と彼は付け加えた。

マドリードの食品フェアを訪れ、地中海沿岸の生産者を訪ねた後、ヘイタ氏と妻は、地元のキリス種の有機栽培に重点を置くのが最善の策であると判断しました。

キリス種は、 ポリフェノール「そのため、過去4年間、私たちはポリフェノールを多く含む高品質のオリーブオイルの生産に注力してきました」とヘイタ氏は語った。 ​,warこれが私たちの最大の強みです。」

最高のオリーブオイル生産者のプロフィール - アフリカ - 中東 - トルコの生産者がキリス原産オリーブの独特の品質を強調 - オリーブオイルタイムズ

キリスのエキストラバージンオリーブオイルは、天然のポリフェノールを豊富に含み、独特の官能特性を誇ります。(写真:マスマナ)

現在、マスマナは自社工場の5,000本のオリーブの木からオリーブオイルを生産している。同社はまた、季節ごとに他の農家からオリーブ畑を借りてオリーブを収穫している。ヘイタは契約を結ぶ前にオリーブ畑を訪れ、オリーブの状態をチェックし、健康であることを確認する。

ヘイタは、自社と顧客に対して一貫して高い品質を実証するために、マスマナのブランドを国際コンテストに出場させました。

夫婦の計画と努力は実を結び始めた。 2つのシルバー賞を獲得 2022で NYIOOC World Olive Oil Competitionマスマナは2024年に世界の舞台に復帰し、 金賞を受賞.

ハイタさんは、賞を受賞したことでエキストラバージンオリーブオイルの販売が促進され、この地域とその品種についての認知度が高まったと語った。

「当社の売上は毎年増加しています」と彼は語った。 ​,war今年は米国に新しい顧客がおり、まもなくオンラインとアマゾンでオリーブオイルの販売を開始する予定です。」

マスマナはロシア、マレーシア、インドネシアでも売上を伸ばすことに成功しました。

広告
広告

2022年の最初の成功の後、夫婦は2023年の大会に出場することを望んでいた。 NYIOOCしかし、この計画はマグニチュード7.8と7.6の地震が相次ぎ、頓挫した。 地域を揺るがした 2月の2023で。

トルコ南東部とシリア北部の広い範囲を襲った地震により、推定62,000万122,000人が死亡、160万-人が負傷し、-億ドル以上の損害が発生した。

「それはひどかった」とヘイタさんは語った。 ​,war何千回もの余震があり、これが最も心理的な影響を及ぼしました。私たちは今でも外から小さな音が聞こえると怖くなります。また地震が来るのではないかと思います。」

最高のオリーブオイル生産者のプロフィール - アフリカ - 中東 - トルコの生産者がキリス原産オリーブの独特の品質を強調 - オリーブオイルタイムズ

マスマナはトルコ南東部の肥沃な平原で有機栽培のキリスオリーブを栽培しています。(写真:マスマナ)

「私たちの工場、家、事業は被害を受けましたが、最も大きな被害は私たちの精神的ダメージでした」と彼は付け加えた。

ヘイタ氏は、地震のずっと前から、同社は困難を乗り越えることに慣れていたと語った。この果樹園はシリア国境から約50キロ離れた場所にあり、キリス州は隣国の血なまぐさい内戦の影響を受けている。

2011年に紛争が始まって以来、3.6万人のシリア難民がトルコに逃れた。200,000年足らずでキリス市の人口は倍増し、約-万人になった。

多くのシリア人が同化し、ハイタさんはマスマナの果樹園や工場で働くために多くを雇ったが、その数の多さが地元の公共サービスを圧倒していると彼は語った。

同社の立地が地殻断層線とシリア国境沿いにあることから生じる課題以外にも、マスマナ社は世界中のオリーブ農家が直面する通常の困難も克服した。

トルコの多くのオリーブ農家と同様に、マスマナも大きな 生産量の減少 2023/24作物年に。

最高のオリーブオイル生産者のプロフィール - アフリカ - 中東 - トルコの生産者がキリス原産オリーブの独特の品質を強調 - オリーブオイルタイムズ

マスマナは自社農園のほか、生産ニーズを満たすために他の農家から土地を借りている。(写真:マスマナ)

「昨年は非常に暑く、長い間雨が降らなかった」と彼は語った。 ​,war通常、15月-日頃から早期収穫が始まります。th 20へthしかし、昨年は果実に十分な油分がないことが早くから分かっていたので、10月-日まで収穫しませんでした。thに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

ヘイタ氏は、キリス産オリーブの油の収量は通常25%と非常に高いが、昨年は17%に落ちたと付け加えた。また、実が例年より小さかったとも述べた。 ​,war「昨年の収穫は本当に困難でした」と彼は語った。

ヘイタ氏は、気候変動により、2023/24年のような収穫量が増える可能性が高まっていると考えている。 ​,war「気候は変化しており、将来的にはオリーブの栽培にさらに大きな影響を与えることになるだろう」と彼は語った。

キリスの木の多くは灌漑されていませんが、他の品種よりも水を必要としないことと、この地域の冬の寒さによく適応していることから、今のところ問題にはなりません。

しかし、ヘイタさんは、アルベキーナやトルコ西部で一般的な他の品種を栽培する農家が、豊作のために灌漑をますます必要としていることに気づいた。

彼らはこの地域で簡単には生き残れないだろう」と彼は語った。 ​,war天候が寒すぎたり暑すぎたりすると、植物は傷んでしまいます。私たちの品種は、水をあまり与えなくても、こうした条件に耐えることができます。」

2023/24年の不作に加え、ヘイタ氏は 継続的な制限 オリーブオイルの大量輸出は彼自身と他の多くの地域の生産者に問題を引き起こした。

最新の禁止令が出る前は 8月に発表 2023年、ヘイタは自社のオリーブオイル-トンをスウェーデンの企業に一括輸出し、その企業がそれを瓶詰めして再販する契約を結んでいた。

最高のオリーブオイル生産者のプロフィール - アフリカ - 中東 - トルコの生産者がキリス原産オリーブの独特の品質を強調 - オリーブオイルタイムズ

ヘイタは、収穫したばかりのオリーブを自社の専用工場に輸送する前に検査しています。(写真:マスマナ)

同氏は、まとめ売りの主な利点の一つは、物流が容易で、同じ量を個別に包装されたボトルで輸出するよりも輸送費が安いことだと述べた。この契約は禁止が発表された後、キャンセルせざるを得なかった。 ​,war「我々は顧客を失った」と彼は言った。

トルコ貿易省は国内市場でオリーブオイルの価格を手頃に保つため、過去3年間毎年大量輸出禁止措置を実施してきたが、ハイタ氏は、この定期的な禁止措置により、外国企業はトルコの生産者との契約締結にますます懐疑的になっていると述べた。

「来シーズンは豊作になると期待しています」とヘイタさんは語った。 ​,warしかし問題は、トルコ国外の大口購入者がオリーブオイルを大量に購入できるかどうかわからないため、契約を結ぶことができないことです。」

公式の推定値は秋まで公表されないが、トルコの一部の人々は、400,000/2024年に同国が25万トンのオリーブオイルを生産すると楽観視している。 記録的な高利回り の2022 / 23。

「冬と春には十分な雨が降りました」とヘイタさんは言う。 ​,warこれが一番重要なことです。もう一つは、[開花時は]それほど暑くなかったのですが、今は39℃、40℃、または42℃くらいと暑くなり始めているということです。」

「この気温が8月まで続くと、オリーブに問題が生じる可能性がある」と彼は付け加えた。 ​,warしかし、今のところ、何の問題もありません。今後、状況がどう展開するかを見守る必要があります。」


この記事を共有する

広告
広告

関連記事