`オリーブ評議会:2021/22年の収穫年に生産が回復すると予想される- Olive Oil Times

オリーブ評議会:2021/22年の収穫年に生産が回復すると予想

1月19、2022
パオロ・デアンドレイス

Recent News

グローバル olive oil pro誘導 からの最新のデータによると、3,010,000/2020作物年に21万トンに達しました 国際オリーブ評議会 (IOC)。

前の収穫年の最終的な合計は、3,266,500/2019年に報告された20トンを約-パーセント下回りました。

しかし、IOCが発表した年間の数字は、2021/22年の収穫年に部分的な回復が見込まれており、生産量は前シーズンより約3,098,500%多い-トンに達していることを示しています。

関連項目:世界のオリーブオイル輸入スリップ

世界の多くの地域の厳しい気候は、オリーブ畑にストレスを与え、現在の収穫年の全体的な生産量を減らすのに役立った可能性があります。

珍しいと 厳しい春の霜 ヨーロッパ全土で、地中海沿岸全域の熱波と干ばつ、および激しい雹の嵐や 大規模な山火事、多くの生産国にとって複雑な季節に貢献しました。

IOCは、全体の93%が olive oil pro削減– 2,809,500トン–は、16の加盟国と欧州連合からのものです。

2020/21作物の年に戻って、 欧州連合はアウトパフォームしました 前年の収穫年の結果は6.8%増加しましたが、これは主に スペインで報告されたより高い収量.

世界最大 olive oil producerは23%の増加を報告し、1,389,000トンに達しました。 その間、 ギリシャでの生産 275,000トンで安定していた イタリアの利回りは低下しました 25%から273,500トン、ポルトガルは 生産ドロップ 29パーセントから100,000トン。

EU以外では、IOCデータは8.7%を示しています トルコにドロップ、その生産量は210,000万トンに達し、モロッコでは10パーセント増加して160,000万トンになりました。 一方、アルジェリアの生産量は44%減の70,500トンでした。

しかし、北アフリカでの生産の最大の減少はチュニジアによって報告されました。 収量が落ちた 68パーセントから140,000トン。

IOCによると、 オリーブオイルの消費 3,125,000/2020年の収穫年には21%以上減少して2,054,000トンになりました。 この合計のうち、IOC加盟国は-トンのオリーブオイルを消費しました。

IOCは、世界のオリーブオイルの消費量は、2021/22年の収穫年に3,214,500%近く増加し、-トンに達すると予測しています。

EUは 生産が期待される 同時期のオリーブオイルは1,974,100トンで、前シーズンより3.8%少なくなっています。 全体として、IOCは加盟国が2,910,500トンのオリーブオイルを生産すると予想しています。

IOCはまた、 テーブルオリーブ生産 2020/21収穫年には、総収量は2,661,000トンに減少しました。

スペインは19%の成長を遂げ、世界全体でテーブルオリーブの20%強を生産しました。 しかし、エジプトではテーブルオリーブの生産量が23%減少しました。

2021/22年の収穫年では、IOCは2,486,500%の生産量が1.2トンに増加し、消費量は前年と比較して-%増加すると予測しています。



広告

関連記事

フィードバック/提案