`フランス産、ゆず入りオリーブオイル- Olive Oil Times

フランス産、Olive子入りオリーブオイル

5月。 26、2015
アリス・アレク

Recent News

オリーブオイルに対する相互の情熱、創造性、そしておいしい料理への愛情により、-人のオリーブオイル愛好家(-人は確立されたオリーブオイルミルのオーナープロデューサー、もう-人は世界最高のレストランのシェフオーナー)が開発しましたyu子の実で作られたオリーブオイル。

この新しい柑橘系果物は、約8年前にニュースを作り始めました。 ゆずは成長が難しく、高価で希少ですが、フランスとイタリアの国境で最も東の町マントンで繁栄します。 グルメは言う ゆず レモン、マンダリン、グレープフルーツのクロスのような味で、栄養士はビタミンCが-倍多いと言っています。

Huillerie St. Michelの所有者であるKarim Djekharとミシュランの星を獲得したMauro Colagrecoは、オリーブオイル問題の初心者ではありません。 。

say子オリーブオイルと呼ばれる ​,war'シェフのオリーブオイルとゆずは、はるかに微妙で非常に異なっています。

ジェカルは言った: ​,war熟した果実を摘み、エクストラバージンオリーブオイルで約-ヶ月間マセレーションします。 フルーティーなオイルを目指していますが、最も重要なのは、柑橘系の味が優勢であってはならないことです。 その独特のフレーバーを得るには、ミックスを微妙に制御する必要があります。柑橘系の果物のミックスは、スパイシーでマンダリンのヒントがとてもエキゾチックなので、遠くの場所に旅行したくなるでしょう。」

ゆず

マントンに住んでいるとゆずを手に入れるのは難しくありません。 この沿岸都市の並外れた微気候は、柑橘系の果物製品の栽培に最適です。 彼らは、La f festivalte du Citronと呼ばれる毎年恒例のレモンフェスティバルを開催します。

マウロ・コラグレコは、最高の新鮮な製品のみを使用して、食材の品質に焦点を当てていることで賞賛されています。 彼はすべてのレストランでyu子オリーブオイルを使用しています。これは、マントンにあるエレガントなレストラン、ミラズール、パリに-つ、中国に-つあります。

広告

日本で最初にゆずを発見し、それ以来自分の料理を取り入れています。 フランスで唯一、ゆずオリーブオイルを製造・使用しています。 ここマントンに私たち自身のサプライヤーがいて幸運です」と彼は熱狂しました。

元々はアルゼンチン出身のコラグレコは、最高のフランス人トップシェフと仕事をしてきました。 彼は影響力のあるゴーミヨガイドによって2006年にトップの新人に選ばれ、8年後にルミラズールは11と評価されましたth 2014年のサンペレグリーノのベストレストランリスト.

ジェカルは言った: ​,warオリーブオイルは私たちの伝統の一部ですが、私たちが目指しているのは、伝統的な料理に創造的なタッチを加えることです。 誰にとっても最も重要なのは最終製品です。 私たちはレストランでも自宅のキッチンでも素晴らしい素晴らしい料理を求めています。」



Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案