Nutella Makersは健康上の懸念からパーム油を守ります

フェレロは、食品中の精製パーム油が癌を引き起こす可能性があるという報告に続いて、パーム油業界を擁護する最初のヨーロッパの大手食品会社です。

1月16、2017
ジュリー・アル・ゾウビ

Recent News

フェレロは、食品中の精製パーム油が癌を引き起こす可能性があるという報告に続いて、パーム油業界を擁護した最初のヨーロッパの大手食品会社です。 イタリアの会社はテレビコマーシャルを運営し、全ページの新聞広告を出し、消費者にパーム油を含むヌテラを食べても安全だと安心させました。 他のイタリアの食品会社は、製品からパーム油を除去しています。

パーム油 フラグが立てられました 潜在的な癌のリスクとしていくつかのヨーロッパ当局によって。 欧州食品安全機関(EFSA)は、パーム油が200°C(392°F)の温度で精製された場合、他のどの植物油よりも発がん性の可能性のある汚染物質を多く生成すると報告しました。 世界保健機関(WHO)もリスクにフラグを立てました。 どちらの組織も、パーム油を食べるのをやめるように人々に忠告していません。 EFSAは、リスクを評価するためにさらなる研究が必要であると述べました。

パーム油なしでヌテラを作ると、実際の製品の代替品としては劣ります。 フェレロの購買マネージャーであるヴィンチェンツォ・タペラ氏はロイターに語った。 フェレロのアルバ工場で撮影されたプロパーム油のテレビコマーシャルで、タペラは次のように主張しています。 ​,warフェレロが使用するパーム油は、搾りたての果物に由来し、制御された温度で加工されるため安全です。」パーム油は、ヌテラに滑らかな食感を与え、保存期間を延ばす成分です。

懐疑論者によると、年間約185,000トンのパーム油(世界で最も安い植物油)を使用しているフェレロは、経済的な理由からパーム油を擁護しているとのことです。 より高価な植物油を使用すると、フェレロは年間約8万ドルから22万ドルの費用がかかると推定されています。 同社は、Nutellaレシピの変更、新しいサプライヤーの調達、機械の更新、および製造プロセスの適応にさらに費用を負担することになります。 ヌテラはフェレロの総売上高の約-分の-を占めています。

EFSAの報告では、パーム油が摂氏200度の温度で精製されると、グリシジル脂肪酸エステル(GE)と呼ばれる発癌性化学物質が生成されることが明らかになりました。 このプロセスは、パーム油の自然な赤色を取り除き、その臭気を中和するために必要です。 研究では、マウスとラットがGEに繰り返し曝露されると、腫瘍の発生率が増加することが示されています。 加工されたパーム油が癌のリスクを高める可能性があるという恐怖を引き起こします。 パーム油には特に高いレベルのGEが含まれていますが、他の油からも生産されます。 汚染物質は生の植物油には含まれていません。

広告

フェレロは言った ロイター通信社 汚染物質を最小限に抑えるために、摂氏200度をわずかに下回る温度と低圧を組み合わせた工業プロセスを使用していること。 このプロセスは、高温精製よりも明らかに時間がかかり、コストが約20パーセント高くなります。 フェレロは、彼らのプロセスがGEレベルを科学機器ではほとんど検出できない痕跡にまで減少させると主張しています。

フェレロの代表者は、パーム油をヒマワリ油などの別の製品に置き換えるとヌテッラの特性が変わると断言していますが、他のイタリア企業はパーム油を異なる植物油に置き換えました。 イタリアのスーパーマーケットCoopは、自社ブランド製品からパーム油を除去しました。 イタリア最大のパン屋、Barillaが製品にラベルを付けました ​,warパームオイルフリー。」

ユニリーバとネスレは、製品の成分としてパーム油を使用し続けるヨーロッパの食品会社です。 両社は、汚染物質の問題を監視し、サプライヤーと協力して可能な限り低いレベルのGEを維持していると述べています。 パーム油は、マーガリン、チョコレートバー、アイスクリームなどの何千もの製品に使用されている世界で最も消費されている植物油です。

イタリアでのヌテラの年間売上高は、2016年-月までに約-%減少しました。フェレロは、ライバル製品がパーム油フリーとして宣伝されていると非難しました。 パーム油の代わりにオリーブオイルを含むヌテッラに似たスプレッドは、ショコラティエのヴェンキやラセルボッタを含む多くのイタリアの会社によって製造されています。

FerrerroのAlessandro D'Ester所長によると、Ferreroの広告は、-月からNutellaのイタリアでの売り上げを-%押し上げました。 世界的なNutellaの売上は、恐怖の影響をほとんど受けていません。

Nutellaがヘッドラインを作ったのはこれが初めてではありません。 2015年、フランスの環境大臣SégalèneRoyalが消費者にヌテッラをボイコットするよう呼びかけ、ヌテッラでのパーム油の使用が森林破壊に寄与したと主張したとき、ヌテッラは外交スパッツの焦点でした。 彼のイタリア人のルカ・ガレッティは反論した ​,warイタリア製品はそのままにしておきます。 今晩の夕食はヌテラと一緒のパンです。」 ​,war千謝罪。」



広告

関連記事