火災によりイバラのセビリア施設が破壊される

セビリアに本拠を置くイバラ工場のほぼ半分が、土曜日の午後に発生した火災で破壊されました。 会社はできるだけ早く再建することを誓った。

火事はスペインのセビリアにあるイバラグループの工場のほぼ半分を消費しました。 保管場所とオリーブオイルタンクが最も大きな打撃を受けました。
7月18、2016
アレクシス・カーナー
火事はスペインのセビリアにあるイバラグループの工場のほぼ半分を消費しました。 保管場所とオリーブオイルタンクが最も大きな打撃を受けました。

Recent News

スペインのセビリアにある175歳のYbarra Groupのメインインスタレーションで土曜日の午後に発生した火災は、ついに消火されました。 炎を完全に消すのに約50人の消防士とほぼ2日かかりました。

90,000平方メートルのサイトは、ほとんどのオリーブオイルとソースが製造され、瓶詰めされています。 最初の計算では、火災はイバラの主要工場のほぼ半分を消費したと推定されています。 保管場所とオリーブオイルタンクが最も大きな打撃を受けました。

当局は、火災はパレットやその他の可燃性物質が保管されていた屋外エリアで始まったと推測しています。 ペットボトルは、夏の極度の暑さと風によって状況が悪化する虫眼鏡効果を生み出した可能性が最も高いです。

火災による負傷者はいませんでしたが、交換が必要な高度な機器が大幅に失われました。

同社は、同じサイトでの再構築に専念しており、できるだけ早く全能力を回復するよう努めると発表しました。 暫定的に、彼らは他のインストールを利用します。

広告

250人の従業員は、次の数週間の休暇を与えられ、彼らが戻ってきたときに会社に居場所があると安心しました。

2009年に別の家族会社であるミガサと合併したセビリアを拠点とする会社は、212年に2.34億2015万ユーロ(72万ドル)を稼ぎ、-か国に輸出し、財務高水準にありました。 これらの利益は、ユニリーバやガリーナブランカなどの他の大企業とのプロジェクトに再投資されていました。

今年は175をマークth イバラの記念日。 スペインの家での彼らの長い歴史は、マヨネーズのモットーに示されています、 フントス、デトダラビダ (一緒に一生)。



広告

関連記事

フィードバック/提案