`スペインのバージンオリーブオイル消費量の増加- Olive Oil Times

スペインのバージンオリーブオイル消費量の増加

4月28、2014
ジュリー・バトラー

Recent News

ひまわり油の消費量は昨年9.7%増加し、オリーブ油の消費量は1%近く減少しましたが、最新のスペインの食品消費データによると、オリーブ油はスペインの家庭で群を抜いて最も使用されている食用油です。

スペイン農林水産省(MAGRAMA)の数値は、スペインの家庭での精製オリーブオイルの消費量が6.8で2012パーセント減少した一方で、バージンオリーブオイルカテゴリは12.1パーセント成長したことを示しています。

一人一人が自宅で毎年9.31リットルのオリーブオイルを消費しています

全体として、スペインの各人は、13.56年に平均2013リットルの食用油を消費し(12.8年の2012から増加)、そのうち5.22リットルが精製オリーブオイル( ​,warオリーブオイル」)と4.09リットルはバージンオリーブオイルでした。 これにより、オリーブオイル全体で9.31人あたりの合計は423リットルになり、合計で約0.8億2012万リットルになり、3.72年に比べて169%減少します。一方、次に消費される油であるひまわり油は、-人あたり平均-リットル、合計で約-億-万リットルです。

精製オリーブオイルは、昨年スペインの家庭で消費されたオイルの総量の38.5パーセントと価値の44.2パーセントを占めましたが、それぞれの数値は、バージンオリーブオイルの30.2と38.9パーセント、ひまわり油の27.4と14.4パーセントでした。

家庭用の食用油の大部分– 92.1パーセント–は、ハイパーマーケット、スーパーマーケット、ディスカウントストアで購入されました。

消費者のプロフィール

プレスリリースで、MAGRAMAは、食用油の消費量を調査したところ、精製オリーブオイルの消費量が最も多いのは、ガリシア、カナリア諸島、アストゥリアスの世帯であり、17歳以上の子供がいるカップルまたは子供がいないカップルで構成されていることも示しました。 、および退職者。

バージンオリーブオイルの消費量は、アンダルシア、マドリード、カンタブリア、バスク地方の100,000人以上の都市の都市で最も高く、また、年長の子供を持つ子供または子供のいないカップルと退職者によって形成された世帯で最も高かった。

ヒマワリ油は、ガリシア、カスティーリャ、レオン、カンタブリアの10,000未満の住民がいる町、および7歳以上の子供がいるカップルで構成される世帯で最も人気がありました。


Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案