2024の収穫

3月27、2024

チリでは高望みに代わってさまざまな期待が寄せられる

生産者らは、冬の悪天候で見通しが弱まるまでは、さらに2万トンを超える収穫が見込まれると予想していた。

3月19、2024

熱波と停電を除けば、南アフリカ国民は生産の回復を予測している

全国的な収量は増加すると予想されているが、高温のため農家は早めの収穫を余儀なくされている。

3月10、2024

2度の凶作の後、ニュージーランドの生産者は回復を予想

ニュージーランドでは降水量が減り、生産者に希望をもたらしたが、天候の乾燥化により別の問題が生じている。

2月26、2024

オーストラリアのオリーブ生産者、さまざまな期待を抱きながら収穫を始める

不作の年は供給が限られ、価格が上昇すると予想されます。

2月23、2024

豊作の後、アルゼンチンの収量が大幅に低下

「オフイヤー」の収穫、寒い時間の不足、異常気象により、収量は最大40パーセント減少すると予想されている。

2月19、2024

アルゼンチンでの成長と輸出拡大を目指すエル・ミストルの原動力は品質が鍵

生産者は、新政府の政策課題と生産拡大に向けた同社の投資により収益性が向上し、地元の消費者基盤が拡大することを期待している。

広告