`COP27に先立って、国連は現在の気候に関する誓約が不十分であると警告する - Olive Oil Times

COP27に先立って、国連は現在の気候に関する誓約が不十分であると警告

Paolo DeAndreis著
6年2022月14日00:-UTC

国連の新しい報告書は、 気候変動のますます明白な影響 最大の温室効果ガス排出国が環境への影響を削減するための努力を強化しなければ、この問題は回避されません。

27の先にth 世界をリードする政府間組織である国連気候変動枠組条約締約国会議 (COP27) は、現在の計画では不十分であると警告しました。

2030年までに予想される排出量の減少傾向は、各国が今年ある程度の進歩を遂げたことを示しています。 しかし、科学的に明らかなことは、排出削減の規模とペースが必要とされるレベルにはまだ達していないということです。- サイモン・スティエル、UNFCC 事務局長

国連気候変動枠組条約 (UNFCC) の報告書によると、現在の気候に関する公約により、今後数十年で産業革命前のレベルよりも 2.5 °C 高い気温が上昇する可能性があります。

2.5 ℃ の上昇は、気候に関する 2015 年のパリ協定で設定された制限を 1.5 度上回ることになります。パリ協定では、今世紀中に世界の気温が産業革命前の水準から - °C を超えないようにするという目標が設定されました。

関連項目:最貧国は気候変動のコストを挙げて債務救済を求める

最近の研究成果 複数の気候転換点 1.5℃の温暖化が引き金となり、農業と生物多様性に壊滅的な影響を与える可能性があります。

研究者たちは、2.5 ℃ の温暖化はさらに重要であると述べています。 彼らは、地球の一部の地域が実質的に居住不可能になり、農業がさらに苦しむだろうと予測しました。 極端な熱波 そして山火事、 生物多様性の喪失 陸地と海洋では加速し、沿岸地域の広い範囲が上昇する海面より下に沈みます。

UNFCC は、現在の気候計画が制定された場合、11 年のレベルと比較して、2030 年までに二酸化炭素排出量が約 2010% 増加すると述べています。 ただし、組織は、この増加は昨年の見積もりであるほぼ 14% をわずかに下回ると付け加えており、ある程度の進歩があったことを示しています。

2019 年、気候変動に関する政府間パネル (IPCC) の研究者は、さらなる地球温暖化を回避するために、排出量を 43 年までに 2030% 削減する必要があると書いています。

2030年までに予想される排出量の減少傾向は、各国が今年ある程度の進歩を遂げたことを示しています」と、UNFCC事務局長のサイモン・スティエルは述べました。

しかし、科学は明らかであり、パリ協定の下での私たちの気候目標もそうです」と彼は付け加えました. ​,war私たちは、1.5 ºC の世界に向けて軌道に乗るために必要な排出削減の規模とペースにはまだほど遠い状態です。」

スティール氏によると、各国政府は気候行動計画を今すぐ強化し、今後 - 年間で実施する必要があります。 しかし、これらの計画を制定するために必要な困難な決定を下すことに熱心な国は多くないようです。

UNFCC によると、 グラスゴーのCOP26、193カ国が新しい気候計画を発表すると述べた. しかし、最新の計画を国連気候ユニットに提出したのは 24 だけでした。

残念だ」とスティエルは語った。 ​,war政府の決定と行動は、緊急性のレベル、私たちが直面している脅威の重大さ、およびその壊滅的な結果を回避するために残された時間の短さを反映しなければなりません。 暴走する気候変動に設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

長期的なネットゼロ戦略に関しては、UNFCC は、ある程度の進展があったことを示しました。

47カ国がネットゼロ計画を実施しています。 合わせて、これらの国には世界人口の 83% が居住し、国内総生産の 69% を占め、エネルギー使用の -% を占めています。

UNFCC は、これらの計画は ​,warこれは、世界が正味ゼロ排出を目指し始めていることを示す強力なシグナルです。」 それでも、彼らは次のように警告しました。 ​,war多くの正味ゼロ目標は不確実なままであり、今実行する必要がある将来の重要な行動に延期されています。」

COP27は6月-日から開催予定th 11月18へth エジプトのシャルム・エル・シェイクにて。 これは、ブラジルで 1992 年に始まった一連の地球規模の気候関連会議の最新のものです。

リオデジャネイロ地球サミットでは、197カ国が国連気候変動枠組条約(UNFCCC)とその国連気候変動事務局の創設を支援することを約束しました。

当時調印された大気中の温室効果ガス濃度の安定化を目的とした条約 ​,war人間の活動による気候システムへの危険な干渉を防ぐためです。」

締約国会議 (COP) は、参加国がその目標を達成するための戦略を定義する会議です。

COP27 は、グローバル リーダーが勢いを取り戻す瞬間です。 気候変動、交渉から実施へと必要な方向転換を行い、気候の緊急事態に対処するために社会のすべての部門で起こらなければならない大規模な変革に取り掛かります」とスティエル氏は述べた。

彼は各国政府に要請した ​,war会議で、彼らが立法、政策、プログラムを通じてパリ協定をどのように機能させるか、そしてどのように協力し、実施を支援するかを示します。」

彼はまた、各国に対し、緩和、適応、損失と損害、資金という - つの優先分野で前進するよう求めました。



関連記事

フィードバック/提案