IOCリーダー、栽培拡大と気候変動との闘いに注力

国際オリーブ評議会のディレクター、ハイメ・リーロ氏は、オリーブオイル生産の将来は地中海の向こうにあると語ります。

IOC事務局長ハイメ・リーロ(中央)
Paolo DeAndreis著
16年2024月14日19:-UTC
306
IOC事務局長ハイメ・リーロ(中央)

気候変動は私たちが今後直面する大きな課題です」と、 国際オリーブ評議会 (IOC) が伝えた Olive Oil Times.

私はこの問題に関して常設の作業を開始するようIOC委員の支援を要請した」と7年以上副事務局長を務めたリーロ氏は述べた。 舵を取った 1月-日の組織のst.

生産地域を多様化することで、異常気象が生産全体に与える影響のリスクも分散します。- ハイメ・リーロ、IOC 事務局長

国際オリーブオイル協定により 1959 年に設立され、国連の後援のもと、国際オリーブ評議会はオリーブオイルとテーブルオリーブの生産部門を統合します。現在、19 大陸の - か国が IOC 加盟国です。

との会話中に Olive Oil Times, リーロ氏は、ますます予測不可能な気象条件に対処するにはいくつかの措置を講じる必要があることを強調しました。

関連項目:世界オリーブデーで分野における女性の役割が中心に

生産の適応を促進する必要があります。オリーブの木は非常に回復力のある生き物です」とリーロ氏は言いました。

たとえば、オリーブの木は砂漠の端に生えていますが、他の木は 何千年も生きてきた」と彼は付け加えた。 ​,war他の作物よりも必要な水や栄養素が少ないため、極端な条件でも生き残ることができます。ただし、次の関係をより深く理解する必要があります。 オリーブの木のさまざまな遺伝子品種 環境の変化とともに。」

IOC事務局長は、オリーブ栽培が環境に対する農業の影響を軽減することにいかに積極的に貢献しているかを強調した。

オリーブ栽培にはその役割があります。 気候変動と戦うための戦略」とリロは言いました。 ​,warオリーブオイルやテーブルオリーブの背後には、11万ヘクタール以上のオリーブの木があり、一種の人工林を形成し、年間ベースで4.5ヘクタールあたり-トンの二酸化炭素を大気から除去していることを誰もが知っているわけではありません。」

私たちは、10 リットルのオリーブオイルの生産により炭素バランスが正になり、大気から - キログラム以上の二酸化炭素が削減されると推定しています」と彼は付け加えました。 ​,warこの事実は非常にユニークであるだけでなく、かなり知られていません。」

私たちは、農場レベルでの炭素収支を推定するための適切な方法論を推進し、より良い実践を奨励し、ボランティア活動へのアクセスを含む良好なコミュニケーションと認識を促進するよう取り組んでいます。 炭素クレジットの市場”とリーロは説明した。

リーロ氏によると、標準化と研究に対するIOCの長年にわたる取り組みが、オリーブの発祥の地である地中海盆地の外でのオリーブオイル生産の成長を促進しているという。

私の考えでは、この傾向は確実なものとなり、オリーブオイルの将来にとって実に素晴らしいニュースとなるでしょう」とリーロ氏は語った。 ​,warより多くのオリーブオイル、特に高品質のオリーブオイルが必要とされています。最後の収穫年をとってみると、増大する世界的な需要に応えるのに十分なオリーブオイルがないことがわかります。」

私たちはすでに、気候変動がオリーブオイルの生産に与える影響を目の当たりにしています。特に地中海地域では、 降水量が減り、気温が高くなる」と彼は付け加えた。

IOCの統計によると、2022/23収穫年の世界のオリーブオイル生産量 2.57万トンに達しました > 2.41/2023年には24万人が予想される。世界の生産量は、2017/18年から2021/22年にかけて-万トンの基準を超えました。

生産地域を多様化することで、異常気象が生産全体に与える影響のリスクも分散します」とリーロ氏は語った。

リーロ氏は、生産国と関係者間の世界的な協力がこの分野の発展にとって重要であると考えています。

広告
広告

地中海と他の地域の間に紛争や競争があるとは思えません。それどころか、私が見ているのは相補性と相乗効果です」とリーロ氏は語った。 ​,warその証拠は、地中海地域と非地中海地域の両方で、IOC によって認められた研究所とテイスティングパネルの数が増加していることです。」

リーロ氏は、IOCの活動範囲を地中海盆地を超えて拡大する取り組みの一環として、IOCが2024年にウルグアイで初の南半球版マリオ・ソリナス・クオリティ・アワードを開催すると述べた。

生産地域を多様化することで、収穫カレンダー、風味、その他の特徴が異なり、オリーブオイルのカテゴリーが豊かになるのです」とリーロ氏は語った。

現時点では、世界の需要が生産量を上回るペースで増加しているだけでなく、オリーブオイルが世界の植物油消費量の約2パーセントを占めていることも忘れてはなりません」と彼は付け加えた。 ​,warこれは、まだ成長の余地があり、すべての生産地域が歓迎されることを意味します。」

多くの地域ではオリーブオイルの消費量が増加する可能性がありますが、 製品の価格に依存します、オリーブオイルの不足は消費動向に不均一な影響を与えています。

オリーブオイルの消費量は、収穫年ごとに生産されるオリーブオイルの入手可能性によって制限されていることは明白な事実です」とリーロ氏は語った。

オリーブオイルの消費量が多く、一人当たり約10キログラムである伝統的な生産国では、消費がより大きな影響を受けていることがわかります」と彼は付け加えた。 ​,warこれらの地中海諸国では、オリーブオイルは日常的に消費される製品であるため、価格の変化により敏感になっています。」

全体として、消費は伝統的な地中海地域から、米国、ブラジル、日本、カナダ、オーストラリア、中国などの他の地域に移動しています」とリーロ氏は続けた。

彼は、人々がオリーブオイルについて学ぶにつれて、オリーブオイルへの関心が高まっていると述べました。 健康上の利点 そして、より持続可能な食事と生活の方法を模索します。

この点に関して私たちが持っている豊富な科学的証拠をこのプロセスに提供し、新しい消費者が製品を発見しやすくする必要があります」とリーロ氏は述べた。 ​,war良質なオリーブオイルを一度試したら、もうやめたくなくなります。」

より健康的な生活への関心の高まりは、持続可能性と気候変動に対する懸念の増大と結びついています」と彼は付け加えた。 ​,warオリーブオイルとテーブルオリーブは、おいしいという事実に加えて、これらの問題に関して特権的な立場にあります。」

近年、IOC加盟国の数は増加しています。 Lillo 氏によると、このような傾向は、このセクターの発展を世界レベルで支援する上で組織が重要な役割を果たしていることを強調しています。

オリーブ部門を発展させたり、オリーブオイル消費者の権利を保護したりする国にとっては多くの利点があるため、この拡大は今後も続くと信じています」とリーロ氏は語った。

同氏は、各国がIOCに加盟する主な理由の1つは、オリーブ栽培、食用オリーブ、オリーブオイルの生産に関する組織の専門知識にアクセスすることだと考えている。

私たちは世界中から最も知識豊富な専門家を集め、遺伝学、栽培方法、基準、品質、持続可能性、気候変動、健康、経済、またはマーケティングに関する主な課題と機会について議論します。仕事をしなさい」とリーロは言った。

この知識の交換は会議やセミナー中に形式的に行われますが、永続的なコミュニケーションを図る専門家の実質的なネットワークも存在します」と彼は付け加えた。 ​,warしたがって、IOCは、すべての生産地域にとって、この膨大で貴重な知識のプールにつながる絶好の機会となります。」

リージョ氏は、気候変動によってもたらされる課題に対応するには、オリーブ生産国と非オリーブ生産国間の協力が不可欠であると強調した。

これが、私たちがIOCで現在の課題に直面している方法です。私たちは、あらゆる専門分野にわたって、世界各地の最高の専門家間の継続的な協力を促進しています」と同氏は述べた。

一例として、オリーブ部門が気候変動に対する解決策にどのように貢献できるかについて昨年開催された国際ワークショップを参照できます」と彼は付け加えた。 ​,warこの機会に、IOCは300か国から30人の専門家の参加者を歓迎しました。」

リーロ氏によると、活動の範囲が広いため、地中海盆地を越えて関係者や機関が興味を持っています。

一部の国は伝統的に、オリーブオイル消費者の権利を守る方法に十分な注意を払ってきませんでした」とリーロ氏は述べた。 ​,warしかし、原産地に関係なく、消費者がオリーブオイルのボトルを開けるたびにポジティブな体験を保証することが彼らの利益になります。」

私たちの中心的な活動の1つであるオリーブオイルの基準を見ると、IOCはパラメーターと分析方法の改訂に継続的に取り組んでいます」と彼は付け加えた。 ​,war私たちは、この科学的研究に積極的に参加することは非常に興味深いことであると信じており、関心のある国々に常に参加を呼びかけています。」

リーロ氏は、IOCが全加盟国に提供する価値は、アルゼンチンやアルゼンチンなどの非地中海諸国の加盟によって強化されたと述べた。 2017年のウルグアイ、2019 年のジョージアの最新版とともに、 2021年のウズベキスタン そして2023年にはサウジアラビア。

ボスニア・ヘルツェゴビナやアゼルバイジャンなど、現在加盟手続きを進めている国もある」とリーロ氏は語った。 ​,warIOCに関心を示している他の国も、ブラジル、ペルー、米国の場合と同様にオブザーバーとして参加している。」


この記事を共有する

広告
広告

関連記事