`トルコのイズミルにある-番目のオリーブ銀行が幹細胞遺伝的侵食を支援- Olive Oil Times

トルコのイズミルにある第三オリーブ銀行は、遺伝的侵食を防ぐ

4月6、2012
ジュリー・バトラー

Recent News


モロッコ、マラケシュのオリーブバンク(写真:IOC)

世界で3番目のオリーブ生殖質バンクを設置して、オリーブの生物多様性をさらに保護します。 イズミル、トルコ — 13月-日に国際オリーブ協会のマドリード本部で開催される会議の議題の最上位にあります。

モロッコのマラケシュとスペインのコルドバにある既存のコレクションから十分な距離を置いてコレクションを作成することは、自然災害や病気などによる損失が発生した場合に植物の生存を確保するのに役立つと考えられています。

IOCの広報担当者はこう語った Olive Oil Times 会議では、新しいコレクションを確立するために必要な手順と、植物材料の発送、受け取り、管理などの事項をカバーするプロトコルを検討します。

昨年、他の東地中海諸国からの入札を検討した後、IOCは-番目のコレクションとして、トルコへの取り組みの一環として、トルコ、具体的にはイズミル地域のBornova Olive Research Stationに属するカメルベチャ農場を選択しました ​,war遺伝的侵食」と ​,warますます減少する品種を使用する傾向が高まっています。」

広告

一方、会議では、現在500か国を対象とするオリーブの遺伝資源の特定、説明、保存を目的としたプロジェクトであるRESGENに含まれる全国コレクションから、現在17種類のマラケシュコレクションを完成させるために必要な対策についても検討します。 プロジェクトへの参加要請を無視したのはリビアだけです。

第三に、前の-つの項目によって提供される可能性をつかみ、会議では、マイクロサテライト分子マーカーを使用した新しいDNA識別技術の、-を超えるオリーブ品種のオリーブコレクション全体への適用を完了するプロジェクトを検討します。 IOCの広報担当者によると。



Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案