「オリーブビーフ」はアメリカのプレートに着陸するように見える

uki岐和牛は、通常の和牛よりも健康的であると認められています。 オリーブを与えられた牛は、オレイン酸、一価不飽和脂肪、およびオメガ-3が多い肉を生産します。

3月6、2017
ジュリー・アル・ゾウビ

Recent News

uki岐和牛 目的地ステーキ、オリーブを与えられた牛から日本でのみ生産されます。 uki岐和牛の濃い赤の霜降りと独特の味わいは、少なくとも一部のアメリカのステーキ愛好家のプレートから普通の和牛を微調整するように見えます。

日本の牛ブリーダーである石井正樹は最近、米国の業界イベントで彼の独特の霜降り牛を展示し、販売業者を確保しました。

uki岐和牛は、通常の和牛よりも健康的であると認められています。 オリーブを与えられた牛は、オレイン酸、一価不飽和脂肪、およびオメガ3脂肪酸を多く含む肉を生産します。

広告

石井は日本の出身です 牛の形の島、小豆島では、牛の繁殖は1,000年以上前にさかのぼります。 オリーブの木は1908年に小豆島に最初に植えられました。今日、島の99パーセントを生産しています。 日本のオリーブオイル.

2010年、石井はオリーブオイルの圧搾後に残ったオリーブ果実が産業廃棄物として廃棄されていることを発見しました。 彼は、無駄になったオリーブの皮を牛の栄養価の高いサプリメントに変えることで、島の-つの主要産業を組み合わせるというアイデアを思いつきました。 石井の脳波は、小豆島でのリサイクルベースの農業をもたらしました。 それはまた、日本の精神を満たしていました ​,warもったいない」—何も無駄にしません。

奥田雅之シェフ

残ったオリーブは栄養価の高い牛の餌になり、その後、牛は肥料を生産し、島のオリーブの木を支えました。 石井の環境に優しい農業方法は、食品業界の専門家の注目を集めました。 彼らは小豆島に群がり、石井の牛の繁殖の変容を自分で確かめました。 オリーブベースの牛用サプリメントはすぐに島で人気を博し、80の牛の群れはオリーブフルーツを追加した食事を楽しむようになりました。

当初、石井の牛は苦いオリーブに誘惑されませんでした。 石井が牛がむさぼり食う処方を思いつくまでに-年かかりました。 石井はやがて、オリーブの皮を乾燥させて焙煎すると果実がカラメルになり、苦味がなくなることを発見しました。

オリーブを与えられた牛はより健康で、より高い口径の牛肉を生産することが明らかになりました。 さぬき和牛は、和牛よりもバターの風味が豊かで、大理石の食感が優れていました。 さぬき和牛は日本の食通のお気に入りのステーキになり、日本のトップレストランのメニューで高く評価されました。

広島のオーナーである奥津雅之 宮島ボッカ・アル・チェ・チアーノ イタリア料理店、さぬき和牛は、その独特でおいしい食感でゲームチェンジャーとして高く評価されました。 奥都は石井の小豆島牧場を訪れ、オリーブを食べた牛を調べ、キャラメルのような香りがするサプリメントを精査した。

さぬき和牛は米国ではまだ販売されていませんが、和牛(単に和牛を意味する)は米国で生産されています。 アメリカ産の和牛は、一般的に日本の品種とアンガスの交配種です。

世界のトップはダボス2017で和牛をごちそうしました。それはUAEで最もトレンディな牛肉にもなり、消費者はなんと60ドルの和牛バーガーを手に入れました。

アメリカの牛肉愛好家は、さぬき和牛ステーキを待つか、日本に旅行する必要があります。



広告

関連記事

フィードバック/提案