日本におけるオリーブオイルの隆盛を追跡する

日本におけるオリーブオイル生産の量と質の向上は、地元の農家だけでなくヨーロッパの輸出業者にもチャンスをもたらしています。

(写真:クレアファーム)
クリストファー・アルヘンティーノ
12 年 2023 月 10 日 44:- UTC
1267
(写真:クレアファーム)

1867 年に幕を閉じた江戸時代にまで遡る豊かな歴史を持つ日本のオリーブオイル産業は、日本の環境や環境によってもたらされる特有の課題を克服し、目覚ましい成長と成功を収めてきました。 気象条件.

需要の急増と消費パターンの進化に後押しされ、世界で - 番目に人口が多く、第 - 位の経済大国の多くの生産者がオリーブ栽培を受け入れています。

オリーブ栽培への関心の高まりは、世界最大のオリーブオイル品質コンテスト、 NYIOOC World Olive Oil Competition、そして地元のオリーブジャパンコンテストの成長。

関連項目:日本はヨーロッパ諸国からのいくつかのPDOおよびPGIオリーブオイルを認識する可能性があります

2015年以降、日本のプロデューサーのエントリー数と受賞数は、 NYIOOC 持っています 着実に増加、第 10 回コンテストでは 2023 件のエントリーから、- 年には - 件に増加します。

2023年版オリーブジャパンは、日本の生産者が自社のオリーブオイルを国内の視聴者に紹介するための強力なプラットフォームとしても機能し、世界市場での地位をさらに強化しました。

これらの若い先駆者たちがオリーブの栽培とオリーブオイルの加工に集中することを期待していますが、環境管理の次にコストの問題が障害となるはずです」とオリーブ・ジャパンの多田敏也総局長は語った。

のどかな瀬戸内海に浮かぶ小豆島は、30 社を超える熱心な生産者が国内総生産量の 95 パーセント以上に貢献する主要拠点であり続けていますが、日本のオリーブオイル生産者は他の地域にも進出し始めています。

九州エリアでは有力生産者11社がこれに追随し、香川や岡山などでも新興生産者が台頭し、産地の多様化が顕著となっている。

日本の推定オリーブ生産量は約 600 トン、そのうちオリーブオイルは約 30 トンですが、全国に 100 近くの生産者が存在するということは、業界内での関心の高まりと積極的な参加を意味しています。

オリーブ農場は全国に広がり、主に退職者や卓越性への情熱に突き動かされた野心的な若い開拓者などの小規模生産者によって管理されています。

静岡県のクレアファームは、台頭する日本のオリーブオイル業界のリーダーの間で大きな認知と成功を収めています。

この農場は、雄大な富士山の麓で 10 ヘクタール以上の敷地をオリーブの栽培に捧げており、その結果、年間 30 トンのオリーブが生産されています。

生産-ビジネス-アジア-日本におけるオリーブオイルの隆盛を追跡-オリーブオイル-タイムズ

(写真提供:京都府)

京都府北部に位置する武田オリーブ農園は、冬の豪雪による困難にもかかわらず、2ヘクタール以上のオリーブ栽培で揺るぎない献身を示し、注目すべき候補者として浮上している。

小豆島産の平均販売価格の目安 エキストラバージンオリーブオイル 価格は60ミリリットルあたり250ドルを超えており、スペインから輸入されたプレミアムエキストラバージンオリーブオイルよりも競争力がありません」と多田氏は語った。

しかし、産業が繁栄するにつれて、日本の生産者はコスト関連の重大な障害に直面しています。 小豆島産オリーブオイルの平均販売価格は、輸入されたスペイン産オリーブオイルに比べて競争力に劣ります。

この課題を克服するために、若い先駆者や老舗生産者は、環境管理措置を強化し、栽培および加工技術における費用対効果の高い戦略を導入するために積極的に努力しています。

広告

国内のコンテストの成長と国際舞台での受賞の増加は、日本のオリーブオイル業界にとって重要なマイルストーンであり、知名度とプロモーションの主要なプラットフォームを提供します。

参加者の増加、洗練された栽培技術、消費者基盤の拡大により、日本のオリーブオイル産業は将来にわたって繁栄の軌道を維持する態勢が整っています。

生産-ビジネス-アジア-日本におけるオリーブオイルの隆盛を追跡-オリーブオイル-タイムズ

ベリーインターナショナルマルシェイベントでヨーロッパで日本のオリーブオイルを宣伝

日本では、45年のオリーブオイルの国内生産量は年間約2020トンに限られており、消費者の需要を満たすために輸入に依存している。

2020年だけで日本は約70,000万トンのオリーブオイルを輸入しており、欧州連合が主な供給国であり、総輸入量の96%を占めている。 EUの主要輸出国であるスペインとイタリアが市場を独占しており、合わせて約94パーセントの市場シェアを誇っている。

比較的低いスタートにもかかわらず、日本のオリーブオイルの消費量は伸び続けています。 着実に成長している, 0.57年には一人当たり約2019キログラムに達しました。

この上昇傾向は、1990 年代初頭以来、日本における地中海料理の人気が高まり、地中海料理に対する意識が高まったことに起因すると考えられます。 健康上の利点 オリーブオイル。

過去77年間でエキストラバージンオリーブオイルの輸入は2020倍以上に増加し、-年には輸入総額の-%を占めた。

しかし、新型コロナウイルス感染症(Covid-19)のパンデミックにより、同年は輸入が一時的に約4%減少した。 減少にもかかわらず、より多くの人が家庭料理に目を向けたため、家庭消費は増加し、外食サービス部門への悪影響を部分的に補った。

日本のオリーブオイル市場の小売部門は成長軌道を続けると予想されており、 有利な機会 日本市場への参入に関心のある欧州の中小企業(SME)向け。



この記事を共有する

広告
広告

関連記事