スペインのオリーブオイルの野望:世界一になるために

世界のトッププロデューサーは、最大のものだけでなく、最高のものになりたいと考えています。 彼らは順調に進んでいます。

写真:ハンナ・ハワード Olive Oil Times
12月11、2018
ハンナ・ハワード
写真:ハンナ・ハワード Olive Oil Times

Recent News

スペインはオリーブオイルの世界の巨人です。 この国は世界のオリーブオイルのほぼ半分を生産しており、イタリア、ギリシャ、チュニジアの250倍以上を生産しています。 スペインでは-億-万本以上のオリーブの木が育ちます。

私たちの父は私たちが狂っていると思った。 しかし、これは先への道です。-マヌエルヒメネス、オレコラサンフランシスコ

スペインのオリーブオイルは新しいものではありません。イベリア半島の生産は紀元前-千年紀にまでさかのぼり、考古学的な証拠はアンダルシアがローマ帝国の主要なオリーブオイルの供給者であったことを示しています。

しかし、過去25年間、特に過去-年間で、スペインのオリーブオイルの世界は変化しています。

関連項目:NYIOOC World Olive Oil Competition 国別の受賞者

過去に、この国は量の質を犠牲にすることで知られていました。 イタリアに大量に販売されているオイルの多くは、他の地中海諸国からのオイルとブレンドされ、 ​,warイタリアの製品です。」スペインも大量の ​,warランパンテ 精製された食用油を作るために処理されるまで、人間の消費に適さないグレードのオリーブオイル。

もはや。 スペインのオリーブ生産者とボトラーは、新しい収穫慣行から最先端の機械まで、卓越性に投資しています。 彼らの目標は、イタリアのオイルが最高級のスペインのエクストラバージンオリーブオイルであるという仮定に挑戦することです。 世界最高の.

広告

スペインでは何百種類ものオリーブが栽培されていますが、最も一般的な品種は、Picual、Hojiblanca、Arbequina、Cornicabraです。

国のほぼすべての地域でオリーブオイルが作られていますが、スペイン南部はオリーブによって定義されています。 アンダルシア北東部のハエンでは、オリーブの木が地平線まで伸びています。 この地域は、スペインのオリーブ油の40パーセント以上、世界の供給の約20パーセントを生産しています。

ベヒハルと呼ばれる小さな町にある小さな製油所、ハエンのオレイコラサンフランシスコは1927年に建設されました。ホセヒメネスは1989年にオレイコラサンフランシスコを買収し、今日では息子のマヌエルが兄のホセジュニアとともに工場を監督しています。数年前、マヌエルとホセJr.は、工場を量よりも生産の質に重点を置いた場所に変えようとしました。 ​,war私たちの父は私たちがクレイジーだと思っていました」とマヌエルは-月の工場訪問中に私に話しました。 ​,warしかし、これは前進の道です。」

マヌエル・ヒメネス

二人の兄弟は施設の大規模な改修を調整しました。 前者の生産方法は、樽に長時間置かれていたオリーブを固め、圧搾する前に果実に損傷を与えました。 サーマルミキサーは、エクストラバージンオリーブオイルが必要とする心地よいアロマとフレーバーの多くを破壊しました。 オリーブオイルはタンク内で衰弱し、そこで劣化し始めました。

今日、400人の農家がオリーブをサンフランシスコのオレコラに持ち込んでいます。 (家族経営の企業は、ハエンで独自の130エーカーのオリーブ畑も栽培しています。)オリーブオイルの生産は常に時間との戦いです。 OleícolaSanFranciscoは、忙しい日に70,000キロ(154,000ポンド)のオリーブオイルを生産しました。 ​,warこれは世界のほとんどの地域では大規模な制作ですが、イェンにとっては小規模な制作です」とマヌエルは述べています。

オリーブはトラックから工場に運ばれ、そこでオリーブオイルに変換され、わずか数時間でボトルに変換されます。 慎重に制御された温度と三相遠心デカンターは、可能な限り最高のオイルを生産するために作成された最先端のシステムのほんの一部です。

品質は、新鮮で健康でなければならない果物と、清潔で迅速でなければならないプロセスに関するものです」とマヌエルは説明しました。 ​,warシンプルに聞こえますが、簡単ではありません。」 品質を重視することは、わずかな利益の見返りのために多くの作業を必要とします。 マヌエルによると、生産者は販売します ランパンテ 2.50リットルあたり3ユーロ、エクストラバージンオリーブオイルは-リットルあたり-ユーロ。 その半ユーロは、時間、労力、ケアの大きな違いを隠します。

すぐに、スペインは世界最大のボトル入りオリーブオイルの輸出国としてイタリアを追い抜くと思います。」のオーナーであり共同設立者であるEusebioGarcíade la Cruz ガルシア・デ・ラ・クルス、言いました Olive Oil Times. ​,war私たちは大きな違いを持っ​​た最大の生産者であり、スペインの石油の品質に対する認識も向上していると思います。 しかし、多くの面で進むには長い道のりがあります。」


Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案