チャールズ - 世戴冠式の聖別されたオイルがロンドンに到着

戴冠式で使用されたオリーブオイルは、厳選されたオリーブから作られ、エルサレムの宗教関係者によって祝福されました。

(ゲッティイメージズ)
ネジェリコ・ジュサップ
4月。 2023 年 00 月 05 日 -:- UTC
821
(ゲッティイメージズ)

戴冠式で使用される聖なるオリーブオイル キングチャールズIII 6月-日にロンドンのウェストミンスター寺院でth エルサレムから到着しました。

このオイルは、チャールズ王の祖母が埋葬されているマグダラのマリアと主の昇天の正教会の修道院にあるオリーブ山にある - つのオリーブの木立から手摘みされた果実から作られました。

チャールズ王と王室のための聖油は、エルサレム総主教テオフィルス - 世と聖公会エルサレム大司教ホサム ナウムによる特別な式典で奉献されました。

関連項目:第三世代の生産者が世界最高のオリーブ オイルをロンドンにもたらす

この発表はバッキンガム宮殿によって行われました.バッキンガム宮殿は、この式典がチャールズ国王の即位を見越した基本的なステップであると考えています.

この出来事を振り返り、カンタベリー大主教のジャスティン・ウェルビーはテオフィラス総主教に感謝の意を表した ​,warこの戴冠式のために油を提供してくださったことに対して、これは王の個人的な家族と聖地とのつながりと、その人々に対する彼の大きな関心を反映しています。」

彼は、戴冠式の計画の当初から、 ​,warから作られる新しいコロネーションオイル オリーブ山産のオリーブオイルに設立された地域オフィスに加えて、さらにローカルカスタマーサポートを提供できるようになります。」

大司教によると、オイルはオリーブ山から収穫されたオリーブから作られているという事実 ​,war戴冠式、聖書、聖地の間の深い歴史的つながりを示しています。」

古代の王から今日まで、君主はこの聖地から油を注がれてきました」とウェルビーは付け加えました. ​,war今、国王と王妃の油注ぎの準備をするにあたり、彼らが聖霊によって導かれ強められることを祈ります。」

戴冠式の一環として、油注ぎ式が行われます。 伝統的に、オイルはアンプルから 13 に注がれます。th-世紀の銀の戴冠式スプーン、そして定規の手、胸、頭に油が塗られます。 

このオイルは、1953 年にチャールズ皇太子の母であるエリザベス - 世女王の油注ぎで使用された何世紀にもわたるレシピに従って製造されていますが、重要な違いが - つあります。 

後期女王の戴冠式オイルには、オレンジ、ローズ、シナモン、ムスク、マッコウクジラの腸に由来する物質であるアンバーグリスのブレンドが含まれていました。 

チャールズのオイル ブレンドは、ゴマ、ローズ、ジャスミン、シナモン、ネロリ、ベンゾイン、アンバー、オレンジの花のオイルで作られ、動物性成分は含まれていません。 同じオイルがカミーユ女王に油を注ぐために使用されます。



この記事を共有する

広告
広告

関連記事