象徴的なレバノンの朝食がユネスコの認定を受ける

オリーブオイルと伝統的なスパイスで味付けされたレバノンの朝食用ペストリー、アル・マヌーチェがユネスコの無形文化遺産リストに追加されました。

アル・マヌーシェ (写真: Rana Jdeidani)
アメリ・デヴィッド著
29年2023月22日30:-UTC
1383
アル・マヌーシェ (写真: Rana Jdeidani)

アル・マヌーシェの香りがレバノンの街角の至る所に漂っています。どこにでもある朝食用の食べ物は、国連教育科学文化機関 (ユネスコ) の無形文化遺産リストに登録されています。

ベイルートの中心部で、モハメド・ウェビさんが販売を行っている マナっぽい (複数形 アル・マヌーシェ) 過去 2 年間、ハムラ地区に住んでいます。

内部には伝統的なオーブンがあり、その下で薪が燃えています。シェフのアリは、小さな生地を平らにします。彼は端を切り、ザアタルとオリーブオイルを混ぜたものを上に置きます。次に、平らにした生地を大きなクッションの上に置き、薪オーブンの中に入れます。

関連項目:ユネスコによって認められた伝統的なトルコのオリーブ栽培慣行

このオーブンとパン(タンナーブレッド)は1,000年前のものです」とウェビさんは語った。 ​,war私たちの祖先はこうやってパンを焼いていたのです。ここレバノンだけでなく、シリア、イラク、パキスタンでも私たちは同じことをしています。そして、それが健康的な食べ物であるため、人々はそれを好むのです。」

アル・マヌーシェという名前はアラビア語から来ています。 マンクシャ、料理の作成プロセスが説明されています。生地を平らに伸ばした後、指先で押してトッピング用の凹みを作ります。 Manqushah は動詞の根から来ています ナカーシャ、切り出すという意味。

ベイルートの港に近いスークエルタイブ市場では、毎週土曜日の朝に開催されます。リマ・シャアバンが販売している場所はこちら サジ、別の種類のアル・マヌーシェ。

オリーブオイルを使った料理-アフリカ-中東-象徴的なレバノンの朝食-ユネスコ認定-オリーブオイル-タイムズを受け取る

ユネスコによると、アル・マヌーシュはパン屋ごとに異なり、何世代にもわたって受け継がれてきた伝統的な家庭のレシピが特徴です。 (写真: バーナード・ジャブレ)

シャーバンさんは娘、息子、夫とともに毎週やって来て、自宅で準備してきた小さな生地を焼きます。

次に、それを平らにして非常に薄くし、ドームのようなストーブの上に置きます」と、ベイルート郊外のシュフ山近くのレストランのオーナーでもあるシェフは説明しました。

シャアバンさんは、オリーブオイル、ザアタル、チーズ、七面鳥、トマトなど、クライアントが求めるものなら何でも、さまざまな材料を加えます。

私は7歳の時からマニッシュをやっています」と彼女は言いました。 ​,war私は祖母の後ろに座って祖母を見ていました。」

今、私は家族を助けるためにこれをしています。これは私のビジネスだからです」と、シャアバンさんは満面の笑みを浮かべ、娘を隣に立って付け加えた。

この家族の伝統は、北米から帰国したばかりのカナダ系レバノン人女性、ベラ・チバロにとっても非常に重要です。

オリーブオイルを使った料理-アフリカ-中東-象徴的なレバノンの朝食-ユネスコ認定-オリーブオイル-タイムズを受け取る

アル・マヌーシェは、レバノン中のパン屋にある伝統的なドーム型の薪オーブンで調理されます。 (写真:オハイラ・モルタダ)

ベイルートに戻って以来、彼女は毎週土曜日にシャーバンのアル・マヌーシェを楽しむ​​ために来ています。それは彼女にベイルートでの子供時代を思い出させます。

ご存知のように、私たちは毎朝アル・マヌーシェの香りを感じながら育ちました」とチバロさんは語った。 ​,warここレバノンではどのコミュニティでも見つけることができます。」

どの家にもすぐ隣にマナッシュを売る店があります」と彼女はマナッシュがたっぷり入った巨大な皿を手に取る前に語った。

ベイルートの北に位置するレバノン第二の都市トリポリでは、オリーブオイルとゆっくりとパンを焼くザアタルの香りが街中に漂っています。

広告

モハメド・エル・アベドは、炎に囲まれた大きなオーブンに 5 つのマナイシュを入れます。このパン屋で生計を立てている彼は、このパンがユネスコの無形文化遺産に登録されたことをとても誇りに思っています。

とても良いニュースだ」と彼は言った。 ​,warもちろん、それはレバノン人にとって重要な食事であり、私たちにとって非常に意味があり、ユニークでもあるので、それは素晴らしいことです。」

多くの料理本の著者であるバーバラ・マサード氏も、この碑文をとても喜んでいます。彼女はレバノン全土の250以上のパン屋を訪れ、マナイシュの背後にある物語を語った。

オリーブオイルを使った料理-アフリカ-中東-象徴的なレバノンの朝食-ユネスコ認定-オリーブオイル-タイムズを受け取る

アル・マヌーシェの全国的な消費と生産は、地域の経済発展に貢献しています。

この発表は、最も大きな打撃を受けている多くのレバノン人にとって、暗い空に輝く星です。 深刻な経済危機 過去 4 年間で、そして現在進行中の事態のエスカレーションの瀬戸際にあります。 ヒズボラとイスラエルの間の紛争.

ご存知のように、あらゆる幸福を私たちは受け取る必要があり、それが大きな違いを生みます」とマサード氏は語った。 ​,warなぜなら、朝起きたとき、何が起こるかわからないからです。私たちは過去 4 年間、悪夢のような日々を過ごしてきました。」

私たちの生活は完全にひっくり返りました」と彼女は付け加えた。 ​,warつまり、この小さな勝利、この所属の認識、アル・マヌーシェは私たちのものであり、誰もそれを盗むことはできないということ、これは素晴らしいことです。それは私たちのアル・マヌーシェだ。」

経済危機と200月に-%以上に達したインフレによって大きな打撃を受け、アル・マヌーシェをもう買う余裕のない人もいる。

しかし最終的には、家族や友人と一緒に家にいても、お気に入りのパン屋にいても、アル・マヌーシェは常にレバノンの一部となるでしょう。それはレバノン人の腹、心、心に刻まれています。



この記事を共有する

広告
広告

関連記事