`イタリア製の主張「ATMのように使用される」- Olive Oil Times

イタリア製「ATMのように使用される」と主張

6月11、2010
Olive Oil Times スタッフ

Recent News

個人情報の盗難は、エクストラバージンオリーブを販売する企業の世界市場を倍増させます。 ​,war'イタリア製で、ATMとして起源のレバーを使用する人。」

イタリアのオリーブオイルコンソーシアムUnaprolの議長であるMassimoGarganoによる苦情は、セン大統領が召集した上院農業委員会の議会公聴会で出された。 Paolo Scarpa Bonazza Buoraが、オリーブオイル市場の問題を調査します。

国際的な消費は増加しており、購入の決定はエクストラバージン、DOP、オーガニックオリーブオイルを含む高品質の製品にますます移動していますが、この肯定的な傾向は、最低レベルに達した高品質のイタリアオリーブオイルの価格の下落を説明していません-年。 ​,warこの状況は過剰生産によるものではありません」とガルガーノは言いました。 ​,war過去-年間の悪天候により、世界中でオリーブオイルの供給が減少しました。 」

最近のイタリアの食品業界のデータは、売上高が57%も大幅に増加していることを示しています。 この調査は、このセクターで営業している売上高が109万ユーロを超える-社のサンプルに関連する財務情報の分析から作成されました。

ガルガーノ氏は、収益の増加は、イタリア製の高品質のエクストラバージンIOO%のみを実際に製造および販売している企業に富をもたらしていないことを指摘しました。 ​,warほとんどすべての場合、営業利益とプラスの成長傾向は、実際に他の混合物で生産された製品でイタリアのエクストラバージンオリーブオイルになりすまして、イタリアの認証農業から富を奪った農業部門以外の企業に関係していました。

広告

議会聴聞会のために準備された書類の中で、Unaprolは、食品の安全性と市場の規則の遵守を確保するためのより多くの管理、サプライチェーンに沿った勢力均衡のためのさらなるイニシアチブ(特に小売に関して)、および消費者へのコミュニケーション。

特に、Unaprolは、追跡可能なサプライチェーンに参加している農家に直接支払われることに基づいた新しい方式を模索しています。 ​,warこれらの対策」とガルガーノは言いました ​,war生産農業の世界の対象である外国の生産者の資金で資金を調達し続けることができないため、地域開発と農業市場の観点からヨーロッパの目的を達成するように設計する必要があります。

述べられた目的は、生物多様性と農業景観の保全、消費者にとって公正な価格での食品品質、農村地域での生産の強化と多様化による土地での人々の維持、産業の効率と競争力の文脈でヨーロッパの農業モデルを維持することです。 、生産者のためのセーフティネットの維持、汚染の削減、気候変動に対処するための再生可能エネルギーの生産:

.

オリーブセクターの緊急対策 ​,warイタリア製」— Unaprol

以下は、国家オリーブ計画、農村開発計画、農業研究、プロモーションおよびサプライチェーン契約を含む既存のプログラムツールを使用して、イタリアオリーブオイルシステムのサポートを開始するために必要と考えられるアクションです。

  • すぐに資金の-番目のトランシェがオリーブオイルのためにイタリアで作られたテレビのコミュニケーションキャンペーンに割り当てられていた。 最初のテレビシリーズは、イタリア製の製品への消費の大きなシフトに貢献しました。
  • 省による高品質のイタリア産エクストラバージンオリーブオイルの承認。これには、以下の所有に基づく食品および農産物の品質の仕様が含まれます。従来の製品よりも制限の厳しい国内産地、官能および分析パラメーター。
  • 新しい生産施設(新しいブドウ園)、製品の再利用を含む工場のネットワークの近代化(植生)の実施を支援することにより、競争力と環境への影響の側面にRDPの優先順位を再集中するオリーブ計画の使用に関するガイドライン水と搾りかす);
  • 植生と処女搾りかすの水の再利用に関する既存の法律の見直しが改善され、特別廃棄物と見なされるようになりました。
  • ミパアフMIURの新しい研究の要請とCRAオイルの即座の再編成を通じて、研究、技術革新、新しい技術の移転の結果としての強化;
  • アウトレット(バー、レストラン、ケータリング)でのオイルの管理に関する既存の法律の完了。
  • イタリアで作られたオリーブオイルを使用して、提供された野菜を調味することにより、学校での果物と野菜の消費を通じて、学校での適切な栄養に関する共同体規則の完了(Regg。1913/06 – 697/09)。
  • 立法の明確化を提供するために、公的な食堂(学校、病院など)が必要です。 イタリア製の追加のオイル、DOP、オーガニック、トレーサブルの優先順位に関するイタリア製製品の独占使用。

サプライチェーンの契約

  • 1年2003月1日の省令の法的根拠を拡張するチェーンの契約によってカバーされる領域の拡大アート。 2段落-°;
  • 資金調達の対象となるアクション間のサプライチェーンを提供する新しい契約の開始、外国企業に販売されたイタリアのブランドの手で再取得される物理的資産の購入、またはイタリアのブランドの再配置と再起動。
  • Reg(EC)182/09に言及されている新しい法律の下での個人に関連する管理手順と管理の技術的研究の開始。
Olive Oil Times ビデオシリーズ
広告

関連記事

フィードバック/提案