南イタリアの地方自治体が使用済み食用油を EVOO に交換

ソレントのイニシアチブは、使用済みの食用油が排水溝に捨てられ、最終的に海に流れ込むことによる汚染を防ぐことを目的としています。 他の都市でも同様の措置が取られています。
イタリア、ソレント近郊のポジターノ
Paolo DeAndreis著
6年2022月10日00:-UTC

イタリア南部のカンパニア地方のオリーブ生産者と生産者は、地方自治体と協力して エキストラバージンオリーブオイル 使用済み食用油の廃棄に対する環境に優しいアプローチを促進します。

ソレント市が地元の廃棄物管理会社と発表した一連のイベントでは、住民は使用済みの食用油を特別な場所に持ち込んで適切に処分するよう呼びかけられています。 彼らが持ち込むほど、地方自治体はより多くのエキストラバージンオリーブオイルと引き換えに彼らに報酬を与えます.

使用済みの植物油が海に流出すると、その汚染によって海洋植物が死んでしまいます。- フランチェスコ・マンチーニ、CONOE 社長

ナポリ湾とカプリ島に面するソレント半島は、この地域で最も有名なエクストラ バージン オリーブ オイルの産地です。 また、イタリア南西部の海岸線の信じられないほど風光明媚な地域でもあり、世界中から観光客が訪れます。

地元当局は、食用油を適切に廃棄することが、地域の美しさと生物多様性の維持に役立つと説明しています。

関連項目:研究者はオリーブ廃棄物から堆肥化可能なプラスチック包装を開発

使い切った食用油を 10 リットル以上提供する住民には、エクストラ バージン オリーブ オイルのボトルが贈られます」と、市議会の議長であるルイジ ディ プリスコは地元紙 Il Mattino に語っています。

彼はまた、すべての参加者は、使用済みの食用油を廃棄する前に自宅で保管するための容器も受け取ると付け加えた.

これは、高潔な行動に報いることで、環境への敬意を促進するもう-つの方法です」とディ・プリスコは言いました.

アマルフィ自治体も同様のイニシアチブを発表しました。 ソレント半島の南岸に位置し、ユネスコの世界遺産に登録されているアマルフィ海岸の中心です。

私たちは、景観、芸術的および文化的遺産を保護し、保護と促進の重要な要素である持続可能性を促進するために取り組んでいます」と議員のイララ クオモは述べました。 ​,warすべての市民は、有意義な再利用、廃棄物削減、リサイクルを制定し、使い捨ての使い捨て文化に対抗する循環型経済を引き起こす必要があります。」

エクストラバージン オリーブ オイルの流通と常に関連しているわけではありませんが、消耗した食用油のリサイクルに焦点を当てたキャンペーンがイタリア全土で増加しています。

使用済み植物油のランダムな分散は、重大な環境汚染物質と考えられており、最近の全国会議の焦点でした.

使用済みの植物油が海に流出すると、その汚染によって海洋植物が死んでしまいます」と、植物油と動物油のリサイクルのための全国コンソーシアム (CONOE) のフランチェスコ・マンチーニ会長は述べています。 ​,warこれは、太陽光線が海底に到達するのを防ぐ一種のフィルターを水面に作成するためです。」

コノエ データ イタリアは毎年約 15,000 トンの食用油を生産しています。

レストランなど、食用油を使用する 300,000 を超えるメンバーを代表するコンソーシアムに参加する生産チェーンの企業が増えています。

時間が経つにつれて、イタリア人は使用済み食用油を利用する新しい創造的な方法を見つけてきました. これらの - つは、ヴァポレット (ヴェネツィアの観光客や住民を運ぶ伝統的な水上バス) の燃料として使用されます。 以来、 2018年試用期間、ヴァポレットは食用油由来のバイオ燃料でますます稼働しています。

処理された食用油は、化粧品、工業用石鹸、インク、なめし用グリース、自動車用ワックスにも組み込まれています。 CONOE は、リサイクルされた食用油のほぼ 90% が国内で燃料として使用されていると推定しています。



広告

関連記事

フィードバック/提案