フランスで発見されたオリーブオイルスキャンダル

120トンのスペイン産オリーブがプロヴァンスで製粉され、地域の名門AOPラベルとともに販売されました。

8月11、2016
ClaireNgonga-Gicquel著

Recent News

今回のフランスでの別の主要なオリーブオイルスキャンダルは、 プロバンス、最高の品質の-つとして知られている有名なプロヴァンス地方 olive oil pro誘導。

報告書によると、9月の2014から1月の2015までの間、生産されたオイルがボトルに入れられ、有名なラベルの下で販売され、AOP(アペラシオンドリジンプロテジェ)の資格を得る前に、120トンのスペインオリーブが地域の工場に導入されました製品の起源を証明することになっている指定。
関連項目:オリーブオイル詐欺に関する記事
小さな町ムリエスで、男はついに罪悪感を認め、彼が引き起こした荒廃の後に違法な利益を上げたいと説明しました オリーブフルーツフライ。 彼は、プロヴァンスのオリーブをアンダルシア(スペイン)のオリーブと他の人の助けを借りて輸入して混ぜることに決めました。

スペインのオリーブは、ブーシュデュローヌの5か所、アルルとランコンプロヴァンスの間に1か所、ヴァールとガールの3か所の9つの異なる工場に運ばれました。

押された後、スペインのオリーブは、3つの異なるラベルで販売されました:AOPValléedes Baux、AOP Provence、Olivesfrançaises。 また、調査されていたのは、一部の有名な工場が容疑者に故意に対処したかどうかでした。

オリーブの起源について嘘をつくことは、フランスで詐欺につながります」と、事件に近い人は言いました。 300,000か月で、この事業は334,663ユーロ(-ドル)の売上を生み出したと考えられていました。

広告

製粉業者がオリーブの起源に目を閉じた可能性は十分にあります。 オリーブのハエによる被害で、誰にでも合うようになりました」と、この事件に取り組んでいるある人はコメントしました。 スペインのオリーブは、地元のフランスのオリーブの数分の-です。

理論的には、売り手は自分の商品の出所を保証するプロットステートメントを工場に提供する必要があります。 市場をよく知っていたが自分のオリーブを栽培していなかった容疑者は、他の誰かからの古い文書を使用しました。

詐欺は深刻ですが、石油の総量の7〜8%にしか影響を与えませんでした」と社長のOlivierNaslesは述べています。 アフィドール (フランスの専門職間オリーブ油協会)。

フランスやヨーロッパでは、このような詐欺事件がいくつかありました。 2005年、Afidolはスペインのオリーブから作られ、数百トンのオイルを ​,warアルルに拠点を置く-人の販売者によるプロバンス」または同様のラベル。

2012年には、プロヴァンスの有名な市場で販売された-本のうち-本が実際に不正なラベルを貼っていたと推定されました。

2014 – 2015の収穫期には多くの詐欺が発生したと考えられています。これは主に、オリーブフライによって引き起こされたプロヴァンスの石油生産の低下によるものです。

2012年に、La Repubblicaが発表したイタリアの研究では、4本中5本が ​,warイタリアの」エキストラバージンオリーブオイルは、実際には外国のオイルでカットされました。

2015年の初めに、欧州連合はオリーブオイル詐欺に対する規制と罰則を強化しましたが、まだやるべきことがたくさんあります。 フランスでは、そのような慣行を追跡しているのはDGCCRF(競争総局、消費者問題および不正管理)です。 348月に発表された最新の結果によると、製造プロセスのさまざまな段階で-か所がチェックされました。

調査結果には多くのラベルの問題がありました。 検査されたオイルの8%で、起源は特定されていませんでした。 いくつかのラベルはまた、そうではなかったとしても、オイルがフランス起源であると述べました。 また、DGCCRFは、ラベルがない、ラベルが不完全な、または外国語のみのボトルのケースを確認しています。

保護された原産地指定(PDO)または管理された原産地指定(AOC)は、非AOCを参照して、無差別に使用されることがあります。 ​,warAOCプロヴァンス。」

合計46%の非準拠サンプルは、57.3年の2014%から減少したため、依然としてある程度の進歩を示しました。 ​,warDGCCRFによると、この分野の小企業が行った教育活動はうまくいっているようです。

広告

関連記事

フィードバック/提案