`サラダをオリーブオイルで整えて、最も多くの栄養素を手に入れましょう- Olive Oil Times
1717

健康

オリーブオイルでサラダを整えて、最も栄養分を増やしましょう

エレナ・パラバンテス
26 年 2012 月 11 日 29:- UTC

パデュー大学の新しい研究では、野菜からの栄養素の吸収に関しては、オリーブオイルがサラダドレッシングの最良の選択であることが示されました。 モノ不飽和脂肪は、野菜や果物に存在する抗酸化活性を持つ色素であるカロテノイドの最も効率的な吸収を提供するようです。

以前の研究では、ベータカロチンなどのカロテノイドはより生物学的に利用可能であることが示されています。言い換えると、サラダに脂肪が含まれていると、体に吸収されやすくなります。 カロテノイドは、果物や野菜の鮮やかな色の原因となる色素であり、癌や心臓病からの保護や目の健康の促進など、さまざまな健康上の利点に関連しています。

ジャーナルMolecularNutrition&Food Researchに掲載されたこの研究では、研究者は29人の参加者に、飽和脂肪ドレッシング、一価不飽和脂肪ドレッシング、または多価不飽和脂肪ドレッシングのいずれかをサラダに与えました。 各サラダには、ドレッシングからの3グラム、8グラム、または20グラムの脂肪が含まれていました。 参加者は、脂溶性カロテノイド、ルテイン、リコピン、ベータカロチン、ゼアキサンチンなどの化合物の吸収について血液検査を受けました。

すべての脂肪がカロテノイドの吸収を促進しましたが、モノ不飽和脂肪(オリーブオイルの主な種類の脂肪酸)を含むサラダドレッシングは、3グラムと同様に20グラムの脂肪で同等のカロテノイド吸収を促進しました。 言い換えれば、カロテノイドの吸収を最大にするために必要な脂肪の量は最小限でしたが、飽和脂肪と多価不飽和脂肪のドレッシングは、同じ効果を得るために必要な脂肪の量が多くなりました。 これにより、オリーブオイルなどの一価不飽和脂肪は、脂肪やカロリーの摂取量を監視している人に最適です。

研究者が一価不飽和脂肪ドレッシングの供給源としてキャノーラ油を使用したことに注意することが重要です。 しかし、オリーブオイルは実際にはキャノーラ油よりも一価不飽和脂肪を多く含んでいます。実際、オリーブオイルは一般的に使用される食用油の中で一価不飽和脂肪の量が最も多いですが、有益な抗酸化剤の供給源でもあり、二重の利点を提供します。



広告
広告

関連記事