犬にとってオリーブオイルの健康効果

オリーブオイルは、健康な皮膚、炎症の軽減、心臓血管の保護、糖尿病のリスクの軽減など、犬に幅広い利点をもたらします。

霧状の
トーマス・セチェヘイ著
6 年 2023 月 13 日 52:- UTC
4528
霧状の

また, 地中海ダイエット 人間の健康に利益をもたらすだけでなく、 犬にとっての幅広いメリット、あまりにも。

オリーブオイルは地中海食における主な脂肪源であり、 心臓血管の健康に対する利点。 当然のことながら、思いやりのあるペットの飼い主が、素晴らしいことを共有したいと思うのは自然なことです。 健康上の利点 犬と一緒にオリーブオイルを飲んでいます。

オリーブオイルが人間の食事にもたらす数多くの健康上の利点を考えると、あなたは次のように疑問に思ったかもしれません。 ​,war'オリーブオイルは犬にも良いのですか?」とカリフォルニアの生産者マクエヴォイ・ランチ社の最高マーケティング責任者のキム・ハフ氏は語った。 Olive Oil Times. ​,war有力な答えは「はい、オリーブオイルは犬に多くの利点をもたらします。」

関連項目:健康ニュース

オリーブオイルには植物栄養素、ビタミンE、オメガ3脂肪酸が含まれており、犬の皮膚に潤いと栄養を与え、健康で美しい被毛を保つのに役立ちます」と彼女は付け加えた。 ​,warさらに、オリーブオイルには抗酸化物質が豊富に含まれており、フリーラジカルによる損傷や損傷と戦うことが証明されています。 免疫システムを高める 効果的に。」

ペットケアサービスプラットフォームのローバーによると、オリーブオイルは皮膚、体重、味覚、免疫システムの-つの面で愛犬の健康を助けるという。

最近の研究ではそれが確認されています エキストラバージンオリーブオイル 皮膚の乾燥を防ぎ、鱗屑ができた皮膚を落ち着かせ、心臓の健康をサポートし、炎症を軽減します。 シニア犬にとって、これらは犬が敏捷性、柔軟性、活動性を保つのに役立つ人生を変える利点となる可能性があります。

エクストラバージン オリーブオイルの利点には、健康な皮膚を促進し、アレルギーに関連するかゆみを和らげ、炎症を軽減する能力が含まれます。

テネシー州フランクリンにあるブルーパール獣医パートナーズの認定皮膚科医であるクリストファー・リーダー氏は、約30日間食事でオリーブオイルを摂取した後、犬の被毛のつやと輝きが観察できるとチューイさんに語った。

しかし、専門家は、オリーブオイルを皮膚に直接塗るのは魅力的かもしれないが、犬はオリーブオイルを舐めてしまう傾向があると警告しています。 彼らは、ベタベタになるよりも、小さじ-杯のオリーブオイルを食べ物に加えることを提案しています。

理想的な体重を維持するために、ドッグフードに少量のオリーブオイルを加えることができます。 しかし、獣医師は、下痢や嘔吐などの腸疾患に苦しんでいる犬にオリーブオイルを与えないよう警告しています。

非営利団体であるスペインのオリーブオイル専門家団体によると、オリーブオイルは心臓病の予防に役立ち、 糖尿病のリスクを軽減する 犬の中で。 オリーブオイルの摂取は犬のエネルギーを高め、細胞の酸化を防ぐのにも役立ちます。

オリーブオイルは免疫機能を高め、認知機能の低下を予防または遅らせるのに役立ちます。 ビタミン E などの主要な抗酸化物質は、フリーラジカルによる損傷から細胞膜を保護します。 雑誌『ドッグスター』は、オリーブオイルは特に高齢の犬にとって有益であり、精神を活気に満ちた状態に保つのに役立つと述べています。

犬用オリーブオイルポリフェノール

エキストラバージンオリーブオイルに含まれる天然化合物であるポリフェノールは、犬に多くの利点をもたらします。 強力な抗酸化物質は、有害なフリーラジカルを中和し、細胞を酸化損傷から保護します。 これは免疫機能の向上と慢性疾患のリスクの軽減に貢献します。 ポリフェノールの抗炎症特性は、関節炎などの病気の犬の関節の痛みや硬直を軽減します。 また、健康な血流を促進し、心臓病のリスクを軽減することにより、心臓血管の健康をサポートします。 ポリフェノールは犬の認知機能の強化に関連しており、記憶力、学習、および全体的な脳の健康を改善する可能性があります。 また、健康な腸内微生物叢をサポートし、胃腸管の炎症を軽減することで消化を助ける可能性もあります。 特定のポリフェノールには抗がん作用があり、腫瘍の増殖と広がりの防止に役立ちます。 食事を変更したり、サプリメントを導入したりする前に、必ず獣医師に相談して、それらがあなたの犬にとって安全で適切であることを確認してください。

Chewy のレポートでは、酸味が少なく栄養分が豊富なエキストラバージン オリーブオイルを推奨しています。 しかし、ホリスティック獣医師であり報告書の著者でもあるジュディ・モーガン氏は、20回の食事で体重9ポンド(-キログラム)に対してオリーブオイルは小さじ-杯までと推奨しています。

スペインのオリーブオイル専門家協会によると、週に-〜-回、大さじ-杯のオリーブオイルを犬のフードに加えるのが一般的な量です。

広告
広告

獣医師の中には、30 ~ 40 ポンド (13.5 ~ 18 キログラム) ごとに小さじ - 杯を推奨する人もいます。 あなたの犬が特有の病気、状態、疾患に苦しんでいる場合、推奨事項も異なります。

多くのドッグフードブランドはますます 健康的な脂肪を加える、オリーブオイルなどを製品に直接供給します。

ローバー氏によると、オリーブオイルは犬の食べ物を口当たりよく美味しくする可能性があるそうです。 オリーブオイルを少量加えると、乾燥した食べ物や古くなった食べ物をより魅力的にすることができます。 ハフ氏もこの利点を次のように述べています。 ​,warオリーブオイルは餌の味を良くしてくれますし、大の愛犬家にとって、幸せな子犬を産むことは何よりの贈り物です。」

Innovative Veterinary Care Journal (IVC Journal) によると、エキストラバージンまたはバージン オリーブ オイルは健康的な食事脂肪を提供し、心臓血管系を保護します。 抽出方法により、栄養価の高いオイルが非バージン オリーブオイルよりも好まれます。 IVCジャーナルは、バージンオリーブオイルは犬が長期間摂取しても安全であると指摘しました。

Pets Magazine の中で、テレーズ タンは通常のドッグフードにエキストラバージン オリーブオイルを使用するためのガイドラインをいくつか紹介しています。 タン氏は、よりフレッシュな風味と酸含有量の低減のために、エクストラバージン オリーブオイルを使用することを提案しています。 ただし、体重への影響を考慮することが重要です。 オリーブオイルには脂肪とカロリーが含まれているため、体重増加を防ぐために監視する必要がある場合があります。

タン氏によると、オリーブオイルは胃が敏感な犬を刺激する可能性があるそうです。 したがって、犬がお腹の調子を悪くした場合は、それ以上与えないことをお勧めします。 同様に、オリーブオイルは嘔吐や下痢の場合にも状況を悪化させる可能性があります。

犬のケアにオリーブオイルを使用するには、適量を保つことが重要です。 モーガン氏は、余分なカロリーは体重増加を引き起こす可能性があるため、食事量の管理に注意するようアドバイスしています。 さらに、専門家は犬の食事を調整する前に獣医師に相談することを推奨しています。



この記事を共有する

広告
広告

関連記事